<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

UU-net 「脳活性化プログラム」

ランキングクリックしてください。

先日(最近、時間がたって書くことが多いからこの書き出しが多いね..気を取り直して「あ、さて」)、UU-netの無料講座を担当として管理していた。
寂しいことに(嘘ついても意味ないので...本当のことを)参加者は二人。
無料体験授業は「脳活性化プログラム」だ。年とともに衰える脳だが、なんとか呆けずに楽しい老後を迎えるため、中年以降の人たち向けに拝聴していただければと考えた講座である。(本講座は年明けから)
最近、脳に関する研究をしている方々はあちこちメディアでも大人気である。たとえばクオリアの茂木健一郎さんやバカの壁で有名な養老孟司さんなど。でも広島でも全国的に有名な先生がいま集まりだしているってご存じでした?
今回の講師は厚生省の研究員だった方が広島国際大学に迎えられて現在大学にて更に研究にがんばられている方だ。そして日本の中でも三本の指に入る脳と睡眠の研究をなさっている先生だ。

広島国際大学 臨床心理学科助教授
田中秀樹 博士

である。

先生は、睡眠と健康や学習について研究していらっしゃる。
NHKの人気生活情報番組「ためしてガッテン」に幾度も出演している方である。
僕の身近なところでは、母校、呉三津田高校に特別講師で何度か行かれているのである。
この学校の養護教諭が睡眠と学習能力の関係に非常に興味をお持ちで先生に何度か相談したところ、学生に対して学習効率の上がる睡眠の取り方が教授しているそうだ。
三津田高校は東大に現役合格を最近多く出している。睡眠の効果も関係しているそうだ。(本当に効いているといいが..)
先生曰く、十分な睡眠が昼間の学習内容を脳に焼き付けるそうだ。あと一般的な若者の脳に必要な睡眠時間(効率的に学習能力→成績アップにつながる)は6時間以上8時間未満だそうだ。

この大先生の話は、本当に人を引けつける話だ。身近な話から、健康にまつわる話への展開が本当におもしろい。またわかりやすいチェックシートやグループ学習等でおもしろい勉強ができるそうだ。

身近な人に勧めてもらいたい。いい講座だ。

「脳活性化プログラム」
来年1月12日もしくは19日から3月9日もしくは3月16日まで
毎週金曜日 15時から16時30分

詳しくはこちらから

詳しくは 「UU-net」 tel 23-3719 原田まで


e0011934_19555944.jpg


別冊「ためしてガッテン」より(クリックで拡大できます。)

e0011934_20135917.jpg


先生のサインをもらう生徒さん達
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-28 20:00 |

きらら公園

最近、イベントと工事現場へ向かうことが多く、更新が遅れている。数少ない愛読者さん、ご迷惑をかけます。

12/26にきらら公園で、「一日おくれのクリスマス 中央地区商店街の大忘年会」を中央地区を考える会の主催で開催した。

前々日から、準備等で忙しく動いていた。
僕の担当は相変わらず、料理である。
今回は、豚のBBQとホイル焼き、あとは紅サツマイモ(焼きいも)。
雨の中の準備で大変だったが、あけてびっくり、夏の大人の夜市の一日分以上に多くの人が悪天候にかかわらず参加してくれた。

商店街は中央地区には6つある。しかしほかの商店街との連絡はほぼ皆無。
購買層は、これがひとかたまりとして「中央」とか「中通り」と呼んでいる。
そのギャップをなくす第一歩として、商店主同士が振興組合等の垣根無く話し合える場の提供をと考えたものである。

中身は達成できたかどうかは今後の話であるが、ともかく、多くの一般の方も参加してもらい大盛況であった。

僕の担当部署の食材は始まって30分で完売である。あんな苦労して(一晩)仕込んだのに30分でなくなるの?
嬉しい悲鳴である。

街のバンドの方々も参加していただき、良い感じで夜も更けていった。

 翌日の片付けの時、きらら公園の芝が雨と泥でよく痛んでいることをスタッフの全員がみて気づいた。確かに公園緑地課の方に使用許可は取り料金を支払ったが、これではさすがにあと味が悪い。
 現在検討中だが、いくらか生まれた余剰金を夏と今回の使用の感謝ということでボランティアスタッフを募り、公園の補修を考えている。
その際に、今後の公園維持(地域民)に関する指導と提案も考えている。
また決まり次第告知するが、近所の人、楽しそうと思う方、ご一報ください。一緒に公園をきれいに、また植物の勉強をしませんか?


e0011934_14531921.jpg

皆さん雨の中ありがとうございます。

e0011934_14533388.jpg

もう大忙し!ボランティア 川村君がんばれ!未来の嫁さんがみてるぞ!(早く見つけろ!)

e0011934_14534980.jpg

この大きな背中は誰?

e0011934_1454385.jpg

Croonさんありがとうございます。すばらしい歌声でした。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-28 14:56 |

あすで終わり。

 昨日から,ひどい風邪にかかり寝込んでいる。あまり熱が出ないが,のどが痛み,体と頭が痛む。
 だが明日(木曜日)は,必ずでなきゃ行けない忘年会がある。三年間,幹事を続けたM会の新旧幹事会(幹事の忘年会)があるのだ。

 長い三年間だが,M会でいろいろおそわった。
はじめに幹事に誘われた時は,いつもやってるイベントの手助けだろうな。とおもっていた。
「単純に懇親に徹しなさい!目的を知りなさい。」
一年目の数回の例会が終わると先輩方から,檄を飛ばされ殴りかかれたこともあった。
どんなことも真剣に目的に向かって進むことは非常に大事だ。
それがたとえ遊びの会であろうと,そこに多くの人が集まり,会の存続のためには多くの努力と意志が集まらなければ難しいことも教えてもらえた。
少しでも手を抜くと,参加数は減り,会員の数が減る。
「この会はいつ来ても温かく迎えてくれて本当に楽しい。」
こういわれたときは本当にうれしい。
裏方のおもしろさと,つらさは本当に身にしみた。どうか楽しい会を長く続けてもらいたい。いろんな代表や幹事の考え方があるからその時々で変わるのは当たり前。でもいつも楽しい会であってほしい。
それと楽しく幹事はやってもらいたい。
本当にいい経験だった。

みなさん,ありがとうございます。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-20 09:48 | つれづれ

ふたたび

 「かじちゃんが一番驚くゲストをよんどるよ。」
よしゃこいの実行委員の樽村さんが電話で話す。
場所は某居酒屋。遅れてきた樽村さんは,なんと佐世保の竹本さんを連れてきたのだ。
僕のブログで,視察に佐世保に行ったというものを覚えているだろうか?
これがきっかけで,「大人の夜市」や今から行う「一日遅れのクリスマスパーティー:商店街大忘年会」がはじまっている。

この夜は,本当に勇気をもらった。力をもらった。楽しい夜だった。

で,今日はその話をいつものうどん屋で仲間たちとあつく1時間以上語ったのだ。
なんと,その場で決まったのだ。
彼の話をもう一度聞こうと。

一応,オファーをかけている。
詳しくはまた後日報告。でも多くの人,多くの種類の人に,多くの若者に,多くのこの土地を愛する人に,彼の話を聞いてもらいたい。



以前の記事
エージェントプログラムと竹本さん
佐世保の馬鹿?(怒られるよな。)
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-19 01:08 |

屋上庭園の写真

鉄工所の話で屋上庭園の話をちょっと書きました。アイビーのサイトの若干変更に伴い、施工例のページを作りました。
そちらの方へ、屋上庭園の写真が出ています。
是非覗いてみてください。
おそらく某メーカーカタログに載ります。


[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-18 15:13 | おしごと

スープセット

ランキングクリックしてください。

 呉ポートピアのイルミネーションは,世間の流布とは違い今年も小さいながら開催された。
 今日,よるから中心の建物の周りにLEDを飾り付けて盛り上げている。
アイビーも協賛して,出店を出している。

もちろん,年末年始にあう鉢物や苗,寄せ植えを用意してお客様をお待ちしている。
アイビーの参加はクリスマスまでの金,土,日の17時からである。

 さらに1000円以上お買い上げの方には,スープを差し上げる予定である。
 でも出店(屋台)として,スープセットの販売もしている。
今週はトマトスープとガーリックトーストのセットで350円で販売している。詳しくは下のリンクで。

ポートピアでお会いしましょう!


庭の店 アイビー のサイト
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-10 00:35 | おしごと

小さな写真集

ランキングクリックしてください。

今日もあさから現場に行っていた。
土砂降りの中、できることだけやって後日ということになり、11時から店舗に帰った。びしょ濡れとなった体は冷え切った。これでまたコンビニ弁当ならさらに体冷えそうだな、とおもい、バイト君と途中早いながらも定食屋へ。
帰りは、スキー帰りのようにほっぺが赤く、ぽかぽか、寝てしまいそうだった。

かえると、「きてますよ!」
パートのOK田さんが、写真集が届いているという。写真集といってもオリジナルのものである。大きさは小さいが、撮った本人の本人だけの写真集である。

実は、UU-NETのクラスの「オリジナル写真集をつくろう!」というクラスの写真集だ。
ぼくも生徒さんと一緒に作ったのだ。(僕はちなみに先生)
実はOK田さんも自ら参加したいと僕のところにきたのだ。5回ほどでなんとかテーマと通しての色遣いや、自由のおもしろさを勉強していった。

参考までに僕の写真集の一部をご覧ください。
(ほしい人は譲りますよ。メールください。一ヶ月後ですが、いるかなそんな人?)

e0011934_1947106.jpg

e0011934_19473747.jpg

e0011934_19475846.jpg

e0011934_19481144.jpg

e0011934_19482455.jpg

e0011934_19485910.jpg


「朝の消失点」
たいした意味はないけど、どの写真も皆さんが動き出し始める朝に散歩しながら撮ったもの。
通勤に歩く人は絶対目をとめない空間のおもしろさ。そこの色って朝色なんですね。
その先はまた想像の世界が広がるような不思議な点をまとめてみました。


次回は年明けから講座が始まる。
参加したい人は僕か、TMO原田のところに、ご連絡を!
OK田さん曰く(うちのバイト君に)
「あんた絶対うけんさい!写真下手すぎ!仕事につかえんよ!」

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-07 19:53 |

Crash!

ランキングクリックしてください。

12月26日にクリスマスパーティーをすることになった。
「一日遅れのクリスマスパーティー」
中央地区の商店街の店主向けのパーティーだが,皆さん(だれかれ問わず)参加できるよ。場所は,夏の夜市と一緒の「きらら公園」。
詳細は,またおって。

今日は,なにより,クリスマスつながりで,ビデオを紹介したい。というか,絶対みてほしい。クリスマス映画といえると思うけど,本当に最近のアメリカ映画で一番のヒットだった。

「Crash」

これを見たから幸せな感じになる映画ではないが,クリスマスを感じることができる。
本当に生きることに直面した人間に肌の色は関係ない。いろんなクリスマスがみんなやってくるよって映画だ。
具体的には,カメラワークが非常にいい。
さらに,オムニバスをうまく結びつけた様子が世界の多様性を表現する。本当は仏教感ぽいところもあるってのがおもしろい。
でも至る所にクリスマスリースがでてくる。
そして最後に雪が降る。
どこにもFatherChristmas!やMerryChristmasって言葉は出てこないけど,クリスマス映画ができてるおもしろさは皮肉とリスペクトと想像がもらたすかっこよさだと思う。

決して,楽しい娯楽映画ではないので万人向けではないが,クリスマスを迎える前に必見の映画(ビデオ)だ。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-03 22:48 |

大ヒット!!!

ランキングクリックしてください。

大ヒットは夕方にきたーーーーー!
大感動に大爆笑!
泣いてはないけど,ちょっとだけ懐かしい記憶もよみがえった....

ピタゴラ・スイッチのDVD

わかる人にはわかる。
夕方にいつものように宅配のおじさんがAmazonの小包を持ってやってきた。
「とうとうきたな。」
「到着!やったー!」

実はNHKの番組でとってもおもしろい子供向け番組?がある。その番組の一部でグニーズのオープニングのようなガラクタの生活用品が「ガタゴト,チンー,ガシャガシャ,ゴットン」て動き,楽しませてくれる「しかけ」がでてくる。
この「しかけ」のたのしい映像をあつめたDVDである。早速,暇な店員が集まってパソコンの前でみんな「大笑い!」!
さっきまで説明がお客さんに伝わってなくて,べそ書きながら帰ってきた彼も,いつものようにレジチェックしている人もみんな集まってきて,楽しく「しかけ」を覗いている。
本当に「しかけ」だけが何十と続けて出てくるだけなんだけど,「すげー,ゲハゲハ」と誰もが感動している。

実は,これを作っているのは,ぼくが東京で学生をしてたことにKO大学に新しくできた学部の研究室だった。以前にも書いたかもしれないが,大学の先輩の代わりに代筆した論文で先輩はこの研究所に入ったんだ。
「どうしてるのかな?あの先輩。かわってたよな。有名な少女漫画の先生と暮らしてたっけ?」

「懐かしいね。」

今度これのコンテストってどうだろう?
本当に使ってるものを遊び道具に使って楽しむリサイクル大実験コンテストなんてどうだろう?その横でリサイクル教室なんてどうかな?

まあ暇になったら企画を考えてみようかな?

個人的には「つくりてーやりてー!」って感じで感動しましたね。

ピタゴラ装置DVD -amzon.co.jp
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-01 23:43 | 映画・演劇・本