<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

贈り物は「辞典」にして!

ランキングクリックしてください。

 昨年暮れ、本当に12月31日の夜に、宅配便のインターホーンが実家でなった。
「暮れの終わりに何?」
「●●さんのチョコだよ。」

必ず、お歳暮?を12月31日に送られるある社長さんがいる。ゴディバのチョコである。
絶対に覚えてもらえるのと、忙しい人でも多くが家にいるという配慮であろう。
にくい演出だ。

 そろそろお歳暮の準備だが、アイビーでちょっとお試しなところはあるが、変わったものを入れた。

「チューリップ百花辞典」

というものである。チューリップの植える時期は10月下旬から11月中旬でお歳暮には早いが、時期の早い贈り物もどうだろう?
チョコほど効果はないが、お子さんや花好きがいらっしゃる家庭には非常に受ける贈り物のようにおもえる。

e0011934_11374683.jpg


どんなものかというと、100球チューリップが入っている。ラベルなしのチューリップ。
全部違う品種である。それを識別しやすいように辞典が入っている。この辞典が優れもの。チューリップの歴史から種類まで、のっている。薄いがよくまとまって、いいものだ。

金額の方は、税込8500円。
興味がわいた方は是非、是非、時季外れだけど時季当たりの「百花辞典」を注文してもらいたい。
(数量限定商品につき、御注文はお早めに)

e0011934_113854.jpg
e0011934_11381656.jpg

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-26 11:39 | おしごと

11月4日 ガーデニング教室!

ランキングクリックしてください。

 常連のお客様には、アイビーの11月4日の「ガーデニング教室」の案内はいっていると思います。

 一応ここにものせときます。詳しくはアイビーのホームページで!

e0011934_1531441.jpg


 最近、寄せ植えの教室が多いとぼやいていましたが、とうとう、うちでもやります。

 ほかの教室と違う点は、この寄植えの年間等してどう扱うか?など、長くつきあうためのノウハウを教授するところにあります?かな。

いちど、専門家の教室によってみてください。UU-netの「秋の園芸教室」にもいきたくなると思いますよ。(「春の園芸教室」も開催予定。2月終わりから。かな?)

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-24 15:32 | おしごと

ロープを5つにきる。

ランキングクリックしてください。

「一メートルのロープを5つに分ける。それぞれのロープは1cmづつ長さが違う。
さて、一番長いロープは、何センチ?」
この問題をうちのバイト君にだしたところ、ものの3秒で正解を出してきた。
「おまえ、頭切れるね?」
尋常じゃないスピードである。ふつう早くても10秒はかかるが、あっという間である。
 もちろん、紙と鉛筆をつかえば、誰でも簡単にできる問題だが、紙を使えば20秒以上はかかる。ウサギとカメのさほどスピードの差が出てくる。ちなみに僕は20秒ぐらいかかった。(ちょっとあほかも)

「鶴と亀があわせて7匹。足の数は全部で24本。さて鶴と亀の数は?」
鶴亀算である。
これも紙と鉛筆で(x-鶴の数)とかやってると絶対に解けるけど、頭で解ける?

あたまで回答を見いだそうとすると、僕の場合、ちょっと弱いから、てっぺんから発熱しているのがわかる。
「いいダイエットだな!」

こんな計算をしていると、普段使われてない脳の部分が活性するそうだ。
「だってこんな計算しないもん!」
そう普段やらないことをすることが、頭が動いていることにつながるらしい。いつも新しい刺激を与えるのがいいのであろう。(鶴亀算は小学校の時にやってるけどね。)
蛇足ではあるが、大阪ではH氏曰く、鶴亀算習わないそうだ。本当かな?

こんな問題や、漢字など扱って、脳を活性化指す講座を「UU-net」で12月から長期で行うことを計画している。

今日の日経新聞の地方欄に「UU-net」のことがのっていたそうだ。皆さんみてみてください。

UU-net
12月からの開講講座
*デジカメの写真集づくり(2回目)
*脳を鍛えよう
*商店街の匠(おいしい編)
*その場でできる健康維持運動(国際大学講師)
*造園技能士3級を目指せ。
*税金の話

このほか、
*ヴォイストレーニング
*書道教室

などは引き続き行っています。

詳しいことは、僕のところまで連絡していただければお答えします。
---------------------------
答え:22cm/亀5匹,鶴2匹

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-24 14:14 | おしごと

Swimming pool


Swimming pool

最近みたビデオで秀作をみつけた。
この映画は、いきづまった作家が編集長の別宅に休養に出かける話である。
別に感動する話でもないし、すごいミステリーでもない。でもなにがおきるの?はあーはあー、そうなんだ。って感心するのである。さらになんともなまめかしい少女のエッチがアンバランス感を与えいい仕上げになっている。(注意:ロリコンじゃないですよ。)

でも疑われたらまずい人は一人でみてくださいね。



e0011934_23582124.jpg

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-21 23:53 | 映画・演劇・本

灰が峰からみると

ランキングクリックしてください。

灰が峰は呉で一番高い山である。
呉カルタの中で灰が峰の高さが郵便番号とおなじ値である。
ここからみえる中央地区の美しさは格別である。もちろん、灰が峰まであがると休山をこえて広までも見えるが、光の量が違う。

e0011934_14211839.jpg


先日、ある会議で行政の人、商工の人と一緒なった時に出た話が「やはり少なくなったといえども人が集まる中央であって税収が生み出されているのも中央だよ。」という話をしていらっしゃった。

中央を楽しくするには確かにそこに住んでいる人たちが中心になるというのが一般的な考えであるが、本人たちが疲れているのも本当であろう。
「市民レベルの街おこし」ももちろん考えられる。
しかし実際は、実行力のあるレベルの人たちや団体と市民の草の根運動的な裾野が必要なのだ。市民が楽しんで参加でき誇りをもてるイベントや雰囲気づくりが必要なのであろう。

来年の2月にTMOの補助が終わる。市民レベルの街おこしをがんばっていらっしゃらる原田女史の行く末もそれに関連してくる。
そろそろ本気で始められることをいろんな角度からいろんな団体がみんなで考える機会をもちたいものだ。

ではなにを......という意見もあるだろうが、どうだろう街の有志といっしょに青年会議所のメンバーさん、飲んでみませんか?

まだなにをしようとかなにをしたいというのはないが、それぞれの立場で意見交換というのはどうでしょうか?


e0011934_14353111.jpg

よるにとるとまたみたことのない展望台になるは。UFOみたい。全然話と関係ないです。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-21 14:37 |

お祭りの続き

ランキングクリックしてください。

 遅くなりましたが、祭りのムービーをアップしときます。みてください。
 ちょっと大きいです。暇な人だけ見てください。 45MB程度です。20分ほどです。


akimaturi.mov(45MB,20mins) 右クリックしてファイルを保存を選んでください。(追伸)
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-16 11:36 |

寄せ植えがつづくよ。

ランキングクリックしてください。

 明日は豊浜町(呉市)の町役場で寄せ植えコンテストの講師と審査員長?だそうだ。
 もしこのブログで町民さんで読んでる人がいたら明日よろしくお願いします。
「でぶりんマン」がいきます。

 明後日は、またまたUU-netの園芸教室の講師です。内容は、

*一緒に蒔いた種の発芽をみる。
*秋の花の解説
*冬・春の花壇の設計 その一
*秋の寄せ植え

な、ところです。下の写真のような寄せ植えを作りますよ。
まだまだ、参加できます。ご連絡はアイビーかUU-netまで。



e0011934_1481196.jpg

秋の寄せ植え
材料は モクビャッコウ、リンドウ、コプロスマ、ツワブキ珍種です。
鉢は朝顔土泥鉢。マルチングは西洋砂利。
ちょっと和風な寄せ植えでした。

もちろん、注文によってはアイビーで一緒に作れます。販売(2000円)もしています。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-13 14:11 | おしごと

やぶー(でぶー?)

ランキングクリックしてください。

 7年目ぐらいかな。
 呉本通商店街青年会には,居酒屋よしゃこいの前店長に誘われた。そのときは本通りに店舗があったときである。
 亀山神社の大例祭のトンボ御輿が青年会の年中行事の一つだ。
 入会して,何回かトンボを担いだが,気を失うくらいきつい。あのトンボは青年会自身がつくり,ビデオまで見て,予行演習もする。
どんなにすれば,盛り上がって,いいストーリーができるか,みんなで酒を飲みながら盛り上がる。
 昨年からトンボの撮影班に回ったが,みんなが一生懸命になって怒鳴り散らす姿は,本当に気持ちいい。こんなことを描くと暴走族上がりなどといわれるかもしれないが,明日アップするムービーをみてもらうとわかるが,すがすがしいのだ。秋晴れのよく似合う行いなのだ。
 五穀豊穣を祝い,また願いトンボに備え付けられた俵を神様に納品することが,ストーリーみたいだが,ここに大きな不可思議な役が一つ出てくる。それは「ヤブ」だ。一般的に見た目は鬼だ。それを呉では「ヤブ」という。専門家の人が見ていたら教えてほしいが,「ヤブ」というのは「藪」から出てきたからなどといろいろな説はあるみたいだが,はっきりするものはない。(僕の知る限り。)
 このヤブは,品定めをするらしい。神に挙げるものがちゃんとしたものか,棒(竹)でこづくのである。これで脱穀しているという説もある。
 そして見定められたものをお納めするというものである。
 でも担いでる方としちゃ,本当にヤブは,攻撃目標である!(もちろん演出上でね。)
またヤブも「やれ,けをとせ!」って感じだ。(本当は違うよ。くどいか?)

ヤブの存在が本当はどういったものかわかれば,より見物客もやってる人間も,この映像を見る人も楽しいと思うんだけどな。


e0011934_19351020.jpg
e0011934_19383946.jpg
e0011934_19401313.jpg
e0011934_1942060.jpg
e0011934_19433616.jpg
e0011934_22504690.jpg
e0011934_225111.jpg
e0011934_22511241.jpg
e0011934_22514652.jpg
e0011934_22515824.jpg
e0011934_2252158.jpg

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-11 19:46 |

シルバー人材センター

ランキングクリックしてください。

 江田島町や大柿町が合併して江田島市になった。江田島町・大柿町その他の町にそれぞれあったシルバー人材センターも江田島市シルバー人材センターと変わった。

 今回は、UU-netの方で、江田島市シルバー人材センターに「草刈り講座」を持たしていただいた。
 40人以上の会員さんが参加してくれた。普段、この時期、毎日のように草刈機を使買っている人だけに、この講座には関心があるようだ。

 UU-netでは、熟練工の人材を登録してもらい、各地のシルバー人材センターや町内会等への出張講座もしている。

 ネタバレにはしたくないが、各シルバー人材センターは年間多くの講座を会員さんに受講していただき、技術と生き甲斐を見つけていただくようにしている。たとえば「園芸教室」、「編み物教室」、「一人暮らしの簡単クッキング」、のように生活を豊かにするものから、今回のようにより実践的なものまで様々そのセンターで考えられている。
 この企画に「UU-net」もアイデアを出しているのである。

 もしみなさん、出張講座でいいものできる?という質問があったら、すぐに僕のところに連絡をしてもらいたい。

 よろしくお願いします。

e0011934_16333459.jpg

講義の始まり始まり!

e0011934_1633554.jpg

43人集まっていただきました。

e0011934_16342666.jpg

実習前に記念写真

e0011934_16344075.jpg

チップそーの安全性について説明中。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-05 16:37 | おしごと

手紙

ランキングクリックしてください。

 昨日は前述したUU-netの「秋の園芸教室」、第一回目であった。
 久しぶりに、教えがいのある教室だった。一応、全くの初心者もいたが造園技能士を持っている人、園芸の専門学校を出た人など、本気で聞いてくれる人が来てくれたことは大変ありがたかった。
 といっても、初心者でも十分聞けるように教えていったつもりだ。
 今回は、「土壌」についておはなしした。
 次回は「花壇の作り方 その一」と「球根植物の寄せ植え」である。まだまだ参加できるので、是非是非、アイビーまで問い合わせていただきたい。まだあと4回もある。(アイビー電話:0823-30-0250 もしくは TMO原田 0823-23-7319)

 ところでもう一つ、この日は僕の誕生日だ。
いつもなら、友達たちと食事でも行くのだが、ここのところ仕事が山積みということもあって、園芸教室がおわったあとも、アイビーで仕事で9時までかかった。さらにダイエット中ということもあって、一人で外食ということもできなかった。(さびしい誕生日だよな。)でも確実に体重は減っている。みんな待ってろよ!!!

113.8/35.2/65/-2.0

 今朝会社に行ってみると、手紙が個人宛に一通届いていた。同級生からの誕生日祝いの手紙だった。いろいろ書いてあった。
中身も同じ年とは思えないあいがたい言葉とアドバイスでいっぱいだ。寂しい誕生日を過ごした僕にとってはとても嬉しい一通になった。
 ありがとう。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-10-02 12:18 | つれづれ