<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ジン、ジン、ジンギスカーン。

ランキングクリックしてください。

 「平和園のジンギスカン」は坂にある焼き肉屋「平和園」の物だと思った。(帯広にある有名店の物)

 おいしいジンギスカンの焼き肉と野菜炒めを風の通る簡易テントの下でビールを片手に腹一杯いただいた。

 建設会社社長のご自慢の畑に招待された。久しぶりに土と戯れる。たくさん汗をかきながら、除草や芋掘りに勤しんだ。
 あついさなか、午前中に仕事が済むようにI氏の予定表にはプログラムが組んである。
建設会社だけあり、そのほかにも工程表のように年間植え付けスケジュールが書いてある。赤鉛筆でも持っていたら、その中に進捗ラインでも書き込めるような物だ。さすが...

I氏は子供のように「梶岡君、これ見てよ。僕の作った元気丸。(I氏命名。)」とスプレイをみせる。
「なんですか?」
「焼酎に唐辛子と......」
要するに電動スプレイの中の液は、天然素材の忌避材なのである。(ちょっとだけ活力剤の意味もある。)
 最近、バラの愛好家や、減農薬・無農薬を目指す人々の間で、忌避材が大流行なのである。I氏もこれを目指した物であろう。(正確には、苗の定植時点での食害(害虫による)をできるだけ安全に防ごうとしている。)

 実際、バラの場合、今年になって無農薬裁判に関する本が多く出版されている。
 基本は木酢。さらに「月桃」などの漢方薬の元になる木々のエキスなどをたす。
唐辛子や焼酎は、速効性の高い成分を含んでいる。バラの場合、健康な土と多くの忌避材散布とで何とかできるらしいが、クロホシ病の一部にどうしても効果が上がらないらしい。
ただ、共生できる程度らしい。
そのかわり本来のバラの色がでたり、見るからに元気さが違うらしい。

一般の趣味ではたけ作業をしている方の方が、作業効率云々(建設会社の仕事でないから...怒られな。)でなく安全でおいしい物を食べたいという意識が高いのであろう。

安全な野菜に、帯広からわざわざ取り寄せたジンギスカン。
「これたべても、まだ仕事あるからな!寝るなよ!」
一緒に行ったU井さんは、ビールの見ながらうたた寝しかけていた。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-06-21 11:48 | つれづれ

蛍の人

ランキングクリックしてください。

 先日から、広告見たよ とメールがたくさんあります。
 ご連絡ありがとうございます。
 ちょっと露出しすぎという話もありますが、利用できる物は利用して、知名度をあげることが今の会社にとって何をさしおいて必要なことと思っています。(ちょっとズバリ書きすぎで皆さん引くかも?)

 ところで話は全然関係ないところに飛ぶのですが、N先輩とその子供のMちゃん(小学生)と郷原、黒瀬と蛍見学に行ってきました。

 イヤーきれいですね。と言いたかったのですが...
雨が降った夜は蛍がよく見える。と言うのですが、雨が気温を下げてしまい蛍の活性をも下げてしまいました。
「でも、飛んでる蛍がおもしろい。」Mちゃん。
「あっちも誰かたってるよ。ひとりだよ。変だよね。」
確かに電灯もない月も出ていない暗いまっすぐな土手の200m先に、懐中電灯を持ったおじさんが立っています。
「蛍の研究家かな。もしかして有名な水道局のMYさん?」
よって話してみると、毎晩志和から熊野、野呂川まで見て回っているという話だ。
「近くにいいところがあるよ。」
おじさんの車について、田んぼのあぜ道をはずれ、あるダムのそばに到着。
「おー、いるいる。」
数は多いがやはり気温のせいで、いつもより数は少ないそうだ。

 夜の夜中に知らない人について、山奥まで行くって言うのは?だが、一緒に蛍という風物を味わうのに、危険を感じはしなかった。むしろ心地よさを感じた。むしろ感謝の気持ちでいっぱいだった。
「ありがとうございました。」Mちゃん。

好きな人が好きなことを自慢でき、多くの人に良さを知ってもらいたいと思う気持ちは、お互いを気持ちよくする。それのテーマが蛍などの心安らぐ物ならなおさらだ。

この一週間がこの近辺では最後だろうが、是非、見に行ってほしい。場所はメールで教えます。では。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-06-19 13:35 | つれづれ

夜市

ランキングクリックしてください。

 O氏に出してもらった広告に「ニックネーム:でぶりんマン」とあったことが会社で大爆笑。(働いてる人はブログを見てないってこと?)。
 お礼のメールを入れると。「ブログ更新しなさい。」とO氏から。
 うちの広告をいろんなところに打つより、反響がある。
 まあ広告主と掲載されている人が違うからか?と単純に納得。

 ところでここのところ更新されてないのは(いいわけ?)イベント準備とポスティング準備とお庭の準備がいっぺんに立て込んで、ちょっとアップ気味という状態ゆえでした。
その中のイベントの一つをここで紹介します。
毎年、中通りを中心に呉の中央の商店街では土曜夜市をしています。
僕の手伝っている本通商店街は国道に隣接する歩道でのイベントを国土交通省の方から禁止されています。いつもは中通りのお手伝いをする予定になっていますが、今年は本通でやってみようと言うことになりました。
場所は、「本通第二公園:通称きららこうえん(昔はターザン公園)」です。
 日時は、7月21,22,28,29日と8月4,5日で時間はだいたい6時頃から9時頃まで。

 なんと、金曜日もやります。土曜日と金曜日も開催は、ちょっと賭ですね。

 内容は、「ビアガーデン」。
 ジャズのトリオとソロの公演が一晩2回あり、その繋ぎは、ジャズのDJがお皿回します。結構ムーディーなビアガーデンになる予定。料理は以前から紹介している「エスカリエ」の料理長が、腕によりをかけてポップな物を作ってくれると言うこと。

 狙いは、金曜日にあります。
 本通には商店もあるけど、ビジネスビルも多くあります。その中の多くの人は商店街の土曜夜市など、知らずに月曜日から金曜日まで働き休日を過ごします。
 なら、金曜日にちょっとでもいいから、街に出る楽しみを知ってもらえればと考えました。そして前売りチケット制にして(たぶん1000円単位:ボーナス付き)余ったり、食事がおいしかったり、楽しかったりと感じてくれれば家族で土曜日にもきていただくようにもかんがえました。(青年会総出で前売りをビジネスマンに売り歩きます!:だれかいらんかえ〜!)

もちろんきらら公演の中に土曜日は子供の遊べるコーナーも設置する予定にしています。
こんな「ビアガーデン」で楽しみたい方、「前売りチケット売って!」ってメールください!!楽しいですよ。(もちろん当日は現金でも買い食い?できますよ。)

*注意*
なお、イベントに関する正確な情報をお伝えできるのは、6月終わりとなります。
 

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-06-17 11:01 |

旅は

ランキングクリックしてください。

旅は。

 先日も北海道にいったが、旅に出ると必ずすることがある。

 その町の商店街を歩くこと。そのつぎにコロッケか蒲鉾を買い食いすること。
 だいたい、町の入り口そばには肉屋があり、そこにコロッケがあることが多い。町のコロッケを食べながら商店街を見て歩くのが大好きだ。古いプラモデル店や、若者いっぱいの古着屋、絶対一元では入れないふるーいスタンドの中を想像したり、店の人と話をしたりする。(よるなら行ってみるよ。)
 で、町の真ん中ぐらいにあるのが蒲鉾屋さん。だいたい10時から11時前後に行くとぬくぬくの揚げ立ちのものがたべられる。
 小樽のように海に近いところの蒲鉾は楽しみだ。

e0011934_22171447.jpg


 あともう一つ、お花を探すんだ。
お花を育てている人と話をするんだ。もちろん得意分野だけど、その土地の気候や、人の好みを知るには僕にとっては一番の方法だ。
 下は、最高の蒲鉾と、50年もののボタンだ。
みなさんの旅の面白さはどこにあるのかな?

e0011934_22172635.jpg

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-06-05 22:22 | つれづれ

小樽の人力車

ランキングクリックしてください。

 「小樽いいとこです。気に入って移り住みました。」
汗びっしょりの真っ黒に日焼けしたお姉ちゃんは一生懸命、でぶりんマンの乗った人力車を引いてくれている。

 本通青年会の年一回の旅行会で「札幌、小樽、一泊旅行」に行ってきた。
 まさに強行ツアー!北海道に3時に到着で翌日3時の便でかえるって!
二日目の小樽の滞在時間は3時間。自由時間は2時間。
短い時間を楽しく有効に生かすには.....
「人力車」!
値段は張るけど、勧誘の文句も面白い!

奇数で参加した僕らは、誰かが一人で乗らなきゃ行けない。「梶岡さん、決定!」。

僕を担当してくれたのは女性で、愛知出身の方であった。
自分が小樽の歴史が気に入って、その良さを観光客だった自分とだぶらせて知っていただくようにしているそうだ。

おもしろおかしく、小樽の歴史と名所を押してくれる。さらに普段では味わえない視線で周りがよく見える。

「おねえさん、もしかしてNPOの組織形態?」
「嫌らしいことですが、会社です。で、実は日本全国10カ所で仲間が働いています。」
帰りにもらったアンケート用紙には「えびす屋」グループの10カ所の割引券(3年間有効)までついていた。
へえ、まさか京都の人力車、奈良の人力車、鎌倉、門司、湯布院..
そんなところの人力車は一つの会社グループがやっているのか!別段それをしってサービスが落ちることはないけど、ちょっとがっかり。やっぱ、あの面白いネタもこつがあって、日本全国の人力車でみんな聞いてるのか?と思ったら、ちょっと....
 そんなことはおいといて、正直いろんな話ができたことは本当に面白い。こっちの話もでき、小樽の状況も聞けたり、実に圧縮された30分間だった。
 是非、皆さんも小樽に行く際は、人力車を利用してみてください。
 「滝沢歓奈さん」を指名してあげてください。面白い威勢のいいお姉さんでしたよ。

e0011934_2247594.jpg

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-06-04 22:48 | つれづれ