<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

おいしい米を「地産地消」

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



  うちのサファリの乗車距離は149930KMで、三原の奥を走っている。後70KMで掲示板で言うところのキリ番。どこよここは?って感じで谷を一回二回と間違えながらやっとの思いで「小坂町の一番奥の福田」についた。
 いやあ、年上の福田さんを呼び捨てしているんじゃない。福田さんにどう行けばいいと聞くと小坂町に着いたらそう聞けと言われるのだ。
 福田さんは本郷町のシルバーセンターを通して知った真面目でよくしゃべる農家さんなのだ。当社の管理している公園の手伝いをしてもらっている。
 「今年は去年に比べて、よーけ米ができてあまってるよ。」
 その言葉をきいて、以前にもらった福田さんの米の味を思い出した。横着者の僕の炊飯はつきたての物を軽く2,3回水を通しひとつまみの藻塩をいれて即炊く。蒸す時間は15分。これだけ。水にも浸さないし、洗いも少なめ。新鮮な米をおいしく味わうためには横着者をまねしてみて。
 で、なんで福田さんの米がおいしいかって言うまえに、広島のおいしい米はふたタイプあるって知ってますか?
 まずは南の棚田。音戸や倉橋の一部に残っている。作付面積は減っているがこれは本当においしい。棚田というのは、平地の水田に比べて水がいつも廻っているところがおいしさの秘訣。水田には窒素分が多くたまる。稲科の植物の根にはこの窒素分がたまりやすくなり栄養が偏るのだ。窒素分とは植物の葉や茎を育てる大事な要素ではあるが多くなると実の味を濁らせ、種の生育を悪くする。そんな棚田では早生種がよく使われる。めいいっぱい暖かい陽をうけた早生種は寒くなる前に収穫される。そのあと、天日干し(半日陰で干す)。大きくおいしい米ができる。
 次は三原・本郷の北部から三次の南部で収穫できる米だ。この地方は三次ほど寒くないが、甘さが出るには十分な寒気が秋の終わりから訪れる晩稲の米作りには最高の場所である。棚田と違い、遅めに植えた苗を十分時間をかけて育てるのである。まずは、暖かい陽を浴びて大きくなり、梅雨の雨風をあびてたくましく生き残り、灼熱の太陽で成長が止まる。最後に収穫前の寒さが味に甘さとうまみを出していく。
 この二つが広島のおいしい米「広島米」の典型なんだ。(これは梶岡論ね。ちなみに。)
だけどどちらの物も生産量が減り、どこに行っても同じ時期に収穫する無難な極早生種が広がっている。
 生産者を廻る仲買人はひとときにしか買いに来ない。それも極早生種の収穫時期。おいしくてもそうでなくても形と重さと糖度が一定以上であれば、同じ価格でA級で買われるのである。
 福田さんの作っている晩稲はその買い取り時期には、まだできあがっていない。できた頃には、不作でない限り仲買人には用がなくなるのだ。ちなみに棚田は通常の水田より労力が多くかかり棚田維持も大変なんだ。それを嗣ぐ人も少なくなっている。そのため生産量が減っているのだ。
 まあここまで書いたら、うまいって事を言いたいのがわかると思う。

 でも福田さんのおいしい米は今年は余っている。豊作でいいんだけど....
 実は、なぜ福田さんの米は買い取られないのか?それはそれ自身がおいしいとみんなが知らないからだ。それと広島で買い取られている米は一般の米でブランドバリューがないのだ。
 実は広島米は前述したように自慢できるものなのだ。なんせ近くでとれる玄米を食べる前に精米すれば本当に最高の味が味わえる。
是非この味を試してほしい。米が光りたっている。甘さが、魚に合うんだな。まあ僕のでかい腹はこれでできてるじゃないかなというぐらい食が進むのだ。瀬戸の魚を音戸の醤油で、三原の白飯に合わせていただく。これは最高でしょう?
「地産地消」は、広島県内のよい物発見なんだ。是非、身の回りの人に広島のよい物を聞いて歩いてほしい。絶対にあるはず。もちろん米だけでなく、とまと、大根、そばって広島でとれる名物ってよーけあるんじゃけどな。
ブランドになるほどまとまった生産量がないぶん、俺的にはプレミア度合いが高いんだけど。

僕のサファリは今150100KMになった。
ちょうど、お歳暮の米の配り終わったところだ。この文章と一緒でちょいと長い旅になっちゃった。(季節の心の仕事でした。)

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-27 02:39 | つれづれ

笑いたい人に今年最後に見るにふさわしい超B級ビデオ

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



「ドッヂボール」

2005年も、もう少しで終わります。師走に仕事を多く抱え込みストレスがたまっている皆さんにお勧めビデオ(映画)。

 ダサダサのお金持ちジムの社長が貧乏ジムを乗っ取ろうとする。
借金を負ってる貧乏ジムメンバーは七人でドッヂボール大会に出て賞金を目指すという何ともわかりやすいストーリー。

 ダサダサ社長は「ぎんぎらぎんにさりげなく」本当嫌みで笑えるやつ。
「ぎんぎらぎんにさりげなく」って言葉は、今日のラジオでも言っていたが絶対無理。超人かいつも滑っているやつかどっちかだ。
そんな社長を演じているのは後から調べてわかったが、僕の親友の結婚プレゼントにあげたDVD「ミート・ザ・ペアレンツ」の主人公ベン・スティラー。
 同一人物とはわからないがなるほどって思うほど両方、腹を抱える下品なコメディー!
女性で下ネタだめな人には、ちょっとだめかも。

ところで、師走ってなんだか仕事がはかどらないって言うのが、常なのか?ちゃんとした仕事(計画、提案、その他プロジェクトなど)というのを進めるには、年内すませなきゃいけない小さな仕事(季節折々の仕事)が多いこと。
どっちも、大事なことだけど、ちょっとゆっくりした時間を取って焦る気持ちを落ち着かせながら残り1週間の仕事をこなせるようにするのが大事。

 次回のブログはそんな季節折々の心の仕事の一部を紹介。

息抜きの映画になんにも考えないことがいいことですよ。おすすめ!!


ドッヂボールの公式サイト
ミート・ザ・ペアレンツ
(ミート・ザ・ペアレンツの続編はこの秋公開だった。初作に比べ出演者は超豪華!こっちは広島公開なかったんじゃないかな?)
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-26 09:01 | 映画・演劇・本

「男たちの大和」が....

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



 男たちの大和をみたいが...

 今日は、昨日からの雪で僕のいる瀬戸見もスリップする車が多い。
 実家(ここも瀬戸見)によると、気の早い(普通か?)大掃除だそうだ。雪が降り外に出るのも面倒だということで両親と妹がせっせとリビングの片づけをしていた。
 おばあちゃんは暇そうにしていたので、映画でもと誘ってみた。ちょうどおばあちゃんが見たそうな映画が始まったばかりだ。
「男たちの大和」を僕も見たかったんだ。
 二人でバルト11に行った。
道程、すれ違う車の数は少なく、ポートピアのお店にもお客がいないような状態だった。ついてびっくりだ。チケットカウンターまで200人以上の人がぎゅうぎゅうで並んでいる。50分も前に着いたのにこの調子だと30分以上並ぶことになる。空席状況も△だ。
 最終、カウンターに着くと空いてる席は一番前であった。まえに、容疑者...で最前列で見た経験もあり、おばあちゃんには無理だなと思った。あとは....「SAYURI」。
 15分遅れで始まる。
「芸者の話だよ。だけど英語じゃけど、いい?」
「もうようきこえて、字が大きいてよかった。」こうだ。もちろん見終わった解答だ。
おばあちゃんにとって、内容はさほど問題ではないようだ。耳が遠い人にとって、大きな音ではっきり聞こえることは精神的に安楽なんだろう。さらに言うと画が大きいというのもいいと言うことらしい。

昔、水泳で元オリンピック選手の田口さんと老人について話したときに、「お年寄りは、耳や目が悪くなるのは、すべての情報を得る必要がなくなってきたという事じゃないですか?」生意気なことをいったことがある。いま考えると現代ではお年寄りだって新しい物を見たいし、他の家族と一緒に楽しみたいという時代なんだとつくづく思った。
まあ一緒に見れる日本映画が増えてきたとも思える(「SAYURI」はハリウッド映画)。
僕が、おじさんになってきたともいえる。

ところで「SAYURI」の方はどうなの?
うー、結構つらいかな。
今までのハリウッド映画で描かれる日本に比べると月とすっぽんな位よくできてるけど、日本人から見ると、どう考えてもアメリカで撮影しているなって言うのが見えて感情移入しにくい。
アメリカの大きな都市には、大概、大きな植物園がある。どこの植物園に行っても必ずっていっていいのが日本庭園があると言うこと。でもその中(回遊式庭園)にある東屋は中国の唐の時代の様式だったりする。そんな場所で宴やラブシーンが出てきたら日本人なら引くでしょう。
でも主人公の女性はいつの間にか日本人に見えてきたね。かわいかった。

チャン・ツィイーが好きな人にはおすすめ。

「「男たちの大和」もみたかった。」おばあちゃんの帰りの一言でした。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-19 00:27 | 映画・演劇・本

ホスピタリティは?

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



e0011934_1191914.jpg

(草の庭の写真)

 つづきネタですいません。
翌朝、ご主人が猟に行くのを見送ると、UT宮君が車の周りの雪かきを始めた。

e0011934_1195056.jpg


「今日、かえれるの?」
三人がこう考えるのも無理がない。昨夜にまして10センチから20センチ増で70センチぐらいつもっている。

「まあいいか。おいしい朝飯でも食って待つか。」

e0011934_1213121.jpg


暖かい朝飯を食べた後、みんなが満足の顔だった。

e0011934_1221190.jpg


そこにあるだけで、そのものが最高のホスピタリティーというような場所に思える。
でもそれには、すごい努力と意気込みと生活習慣にあると思う。僕たちがいきなり行ってもそこは僕らの里になる。なぜ?

またゆっくり寝てから考えよう。


e0011934_122387.jpg

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-15 01:24 | つれづれ

男やもめ三人組みの雪国旅行!

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



 今夜、あるところで最高の夜を過ごしているが、セブンブリッジは最低の結果である。
 以前から何度か書いているが六日市の「草の庭」で独り者の男三人が、獅子のすき焼きをいただいた。
 70kgオーバーの獅子をご主人がご自身の銃でしとめてくれたのだ。
 白と赤のツートンの肉は、猟師でしか食べられないバラ肉である。脂身の臭みが通常、血の味がするものだが全くおいしいとしかいえない純白の味だ。そこにニンニクみそ醤油のだしで煮ていく。最後に入るゴボウの味が脂肪を染め本当に自然の味がする。
 18時から日本酒を片手に雪見酒としゃれ込む予定が、やもめ三人組みは、ガッツリ鍋と向き合ってた。最高の料理に最高の笑顔がこぼれる。
 締めは、キジの炊き込みご飯の雑炊だ。これもご主人が僕らのために雪の中しとめてくれた鳥の骨でだしを取り、身を捌き、炊き込みご飯としてくれた。最高に美味だ。
 本当は飯の後は温泉へ出かける予定だったが、雪が深く車がでられない状態にあり、ここ、草の庭の五右衛門風呂に入らせていただいた。
 
まあ、テレビもない、最高の環境で、iPodとパソコンでノラジョーンズとゴダイゴを聞きながら、トランプと独身男性の人にしか聞かせられない話で夜は更けて行っている。
(セブンブリッジは絶対UT宮とはやらない方がいいよ。警告です!)


e0011934_1174882.jpg

中国道はこんな感じです。「ブリザード、ブリザード....松任谷由実です。」
e0011934_1182897.jpg

草の庭のいろりです。ここでヤマメを出してくれますよ。
e0011934_1185880.jpg


e0011934_1193145.jpg

楽しむ前にちょっとだけお仕事。
e0011934_120611.jpg

最高の猪鍋
e0011934_1204431.jpg

こんなところに来ても携帯かい?、ってお前もブログかいてんじゃん!
e0011934_1212017.jpg

最高に気持ちのいい五右衛門風呂!
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-14 01:25 | B級ぐるめ

よいところは、とことんまねしようぜ!

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



 今夜は本通商店街青年会の忘年会だった。
毎年、忘年会は余った予算の調整のためかとても豪華だった。その上、田頭代表のおごりでふぐの刺身が追加された。今年初めてのふぐである。とてもおいしい。感謝、感謝。
 今日は、ゲストが一人来ていらっしゃった。先日、佐世保の街を見学に行ったときに「よさこい」を街おこしの一つとして開催していると言うことだった。そこで呉のよさこいといえば、この人、樽村さんに来ていただいた。
樽村さんの熱い「街おこしとよさこいの関係」について説明をしていただいた。
樽村さんの熱い思いが、ストレートに現れるところが心を打つ。
 まずはサポートをしながら「よしゃこい」の仕組みや、街おこしについて深く考えてみるのがいいように思えた。
 直接、セールス向上につながるわけではないが、商店街以外の呉を愛する人々と知り合いになれるのは、一つの手段と考えられると西田さんがいっていた。

 佐世保のよいところ?をまねすることに忘年会で同意してもらったことが一つある。
 来年1月から第二金曜日、朝7時30分から青年会で朝会を定例会とは別で開催することになった。第一回目の議題は、見てくれホームページのサーバ移転と本通商店街のタウンページづくり。そして商店街としての「写生大会」を春にしていたが、再度、春のイベントの形態を考え直すことを予定している。もしかしたら樽村さんも出席してくれるかも?(ちょっと迷惑かな?)

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-13 01:52 |

ポートピアのイルミネーション。

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



 ことしもポートピアのイルミネーションがはじまった。まだ始まったばかりだからどう推移するかわからないが、今年は例年に比べて、どうも入りが悪いようだ。

 アイビーでもクリスマス商材の販売に力を入れている。ポインセチアやシクラメン、クリスマスの小物、いろいろ少ないながらバリエーションをおいている。

クリスマスを前に店員たちは活気づいている。この活気を来年度はもっとよくしたい。
アイビーでは店舗販売にあまり力が入ってなかったように思う。
提案・施工が今年も多く、お客様を一番身近に感じることのできる対面販売でこそ、会社イメージを左右することに気づかなかった。そんなところを解消しながら来年は、店舗販売を会社の稼ぎ柱の一つにさせるためにも、いろいろ案を練っている。

今年、11月前後からはじめた「お庭の見張り番」も好調で店舗のイメージアップにもつながっているようだ。


「お庭の見張り番」
庭好きなおじさんパートさんを利用したお庭の便利屋さん。
旧呉市内で作業時間1時間程度の仕事なら3600円。(必要な材料があった場合、別途かかります。)


e0011934_1137133.jpg


アイビーの店内。ちょっとだけクリスマスイメージ。

e0011934_11372865.jpg


イルミネーションはきれいだね。
e0011934_1137399.jpg



e0011934_11375623.jpg


寒いから、屋台も繁盛中!
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-11 11:40 | おしごと

図鑑づくり

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



 7年前から植物を扱う商売を始めた。
それまでは、東京で建築写真を撮って自分のいわゆる(芸術?)作品を作る生活をしていた。
 小学校の頃から映像作家になりたかった。小さいながらに小学校3年生にして「流行通信」を愛読していた。今考えると、ヘンな子だった。
 中学校ではスチル写真とビデオの作品作りをしはじめていた。
 大学は芸術系の大学に進んだ。大学時代には図書館の虫だった。芸術論の本と写真集とオリジナル写真、それから画集が学生時代の宝だった。図書館にいる時間は授業にでている時間よりながかった。
 まあそれが、2ダブの理由でもある。最後は自分で稼ぐ羽目になったけど。

 ところで、帰ってきてから植物の勉強を始めた僕は、長ったらしい植物の解説の文章より、簡潔なわかりやすい文章で多くの植物の特徴を覚えることを始めた。
 それをいつか使えるようにとデータベースにしながら覚えるようにした。

 今回、「庭の店アイビー」のHPにそのデータベースに100枚ほど僕の撮った写真を加えて図鑑を作った。実際の登録植物数は500前後だが、写真100点では図鑑にならないと思う。だけどいまからどんどん加えていくつもりだ。もう少し時間をかけて作っていきたい。
 利用方法でおもしろいのは、開花時期でソートしてもらいたい。自分が次に何を植えるかを検討するにはそれを見てみるといい。
花期のよこには、植えられる場所についてもかいてある。参考になると思う。

 できるだけ追記していこうと思う。もし改善点等があったら是非、メールしてほしい。
ああ、書き忘れたけど、図鑑は僕のもっとも好きな分野の本なんだ。


e0011934_0293364.gif

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-10 00:32 | おしごと

神戸から10年たつんだな。

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



神戸から10年たつんだな。

 10年前に大阪のいとこに誘われて、六甲のACTUSにいった。ここはACTUSの古株。当時は本当におしゃれに思えた。
 今回、先週土曜日に宇品にオープンしたACTUS広島にいってきた。
 どうなんだろう。十年たつと世の中の流通や生産に対する考えが変わるのが顕著に表れた見学だった。
 Hanseの椅子、そのほかにもデザイナーズのものが多くうられていた。もちろん10年前のACTUSとかわらずだ。
 だけど僕たちは、スタッキングのできる椅子、皮とスチールパイプの椅子など、それぞれいつの間にかパクリ物の安いものをいろんなところで見慣れている。(実際は廉価版は正式に意匠許可がでているものでレプリカって言うのもあるのも事実だが。)
こんな社会では、今のACTUSの第一印象はかなり薄い。まあ、本当に座ると全然違うんだけど。その部分で本当に勝負するときが来たんだなと非常に感じる。トレンドで打ち勝つ経営ではない様に受け止められた。
 どこにセールスポイントを持って行くかはやはり対面販売で得られるCSなのだろう。

あまり時間がなかったので、店員とはあまり話さなかった。今度はゆっくり好きな椅子に座って良さを実感しようと思っている。
ソファー50万か?いつになったら買えるかな?(カウチはいつも畳の上だもんな俺。)
e0011934_18512761.jpg


この日は大潮で近くの護岸は潮があがっていた。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-06 18:52 | つれづれ

豆腐屋がおもしろそうだぞ!

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



豆腐屋がおもしろそうだぞ!

 最近、NHK名古屋の企画で「ビジネス未来人」と言う番組をやっている。このパーソナリティの女性の漫画家がまたいけてないんだな。いつも的外れなんだよな。まあそんなことはさておき、10月14日放送でリアカーを引く豆腐屋さんの話題が出ていた。

「ターベルモーノ」

 初めは、デパートに豆腐店を出していたんだけど、利益が少ない。そこで築地に店を出したが、思うように売れない。じゃあどうする?リアカーを引いて、余った豆腐を売り出した。
 それが、人とふれあって対面販売をするきっかけとなった。都心の一部では、高齢者しかいないんじゃないというような地区がある。そこで人の歩くスピードより遅くリアカーを引き、お年寄りの毎日の注文を聞いていく。
「初めて売ったおばあちゃんは、たどたどしいしゃべり方で注文していただいた。次の日は昨日とまるっきり違って流ちょうに、達者によくしゃべってくれた。」

三日ぶりに人と話した高齢者はこんな感じだそうだ。そのおばあちゃんは常連になってくれた。その仕組みを都内至る所に作りビジネスモデルに仕上げた話が出ていた。

 そんなに儲からない商売だが、働く人(バイト)にとってやりがいのある仕事になる。


 もう一つ、豆腐屋の話がある。屋というかなんというか?

「三和豆友食品」

ここの豆腐は食べてみたいのだが、何しろ人気が高いらしい。それでものすごくいけてるサイト。プロデュース能力がたかい。ここまでストーリーをつけた豆腐屋はいない!
まあこのサイトから関連に飛んでみて。

物は試し、B級グルメ「まいうー」族としてはとりあえず、たのんでみるよ。味もうまいとすごいよね。ちなみに「前掛け」がほしい!(このサイトのショッピングにあるよ。)

両極端な二つの豆腐屋だけど、的がはっきりしててすごいよね。
自分のビジネスは?考えるね。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-02 20:18 | B級ぐるめ