<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

まいうー!!佐世保バーガー!!

ランキングクリックしてください。

 数少ない読者で期待している一番の報告事項なのだろう。

「佐世保バーガー」

B級グルメの皆さんの口はこの単語を聞いただけでよだれでてきているはず。

 なんと、11月26、27日で8個、食べさせていただきました。でも廻れた店舗は下の4店だけでした。て、言うことは各店二個食べてるじゃない?とつっこみが入りそう!
 でも、おでぶさんは絶対食べるって!
 だって目の前でバンズを焼いて、ハンバーグ焼いて全部焼いて、いいにおいぷんぷんなんだよ。
絶対、二個以上食べて「まいうー」だよ。ふつう、でぶちゃんは。

と、B級グルメはやめられません。
食べてる最中はみんなに向かって自ら意味のない「ダイエット中!」と叫びながら、ぱくぱく食べてましたよ。

廻ったところーーー

BigMan
  四ヶ町商店街のすぐ裏にありホテルのフロントさんおすすめ!フライドポテトもおいしかった。原田さんありがとう。

ラッキーズ
  西海パールシーのなかにあるバーガーショップ。みんなに内緒で食べました。ベーコンエッグバーガーがおいしい。一番オーソドックスなバーガーショップ。

ブルースカイ
  夜にしかあいてない有名店。逆さに出てくるバーガーと無愛想なおばちゃんがトレードマークらしい。胡椒がよくきいて、酒の後にはよく合うんだ。

ベルビーチ
  ごめんなさい。僕が一番だめだった店。パールシーのそばにある店。だってバナナスムージーをたのんだらバナナジュースが出てくるし、メキシカンサンドをたのんだら、挽肉にケチャップとタバスコがかけてあって全然メキシカンでない。周りは文句言わず食ってました。それなりって事かな。



 沖縄に一度行ったことがあるが、ハンバーガーとホットドックの店、それからタコスの店が多い。
 横須賀も東京時代に何度か行ったけど、やっぱりハンバーガーを売りにしている店が多い。
 米軍基地の大きなところには必ずある文化のようだ。
 じゃあなぜ、佐世保がこんなに大きく取り上げられたんだろう。
 始まりは佐世保四ヶ町商店街やコンベンション関係者、商工関係者がハンバーガーを観光資材にしようと考えたのが始まりだった。
商店街理事の竹本さんのテレビインタビューがさらに拍車をかけた。
「佐世保じゃあ、酒の後のラーメンの代わりにハンバーガー。」(ほんとは語尾に方言が着いてるはず)
 その後はラーメンから苦情の電話がひっきりなしにかかってきたそうだ。
 青年会議所や米軍の後押しもあり、今や佐世保の一番の観光タームになっている。
(呉も一応、米軍基地あるんだけどな.....「キッチンかたおか」にあるそうだけど)

 何にしろ、「まいうー」っていつも言ってる人間には作りたてでジューシーなハンバーガーは最高の脂肪材料たい!(九州風)

佐世保には実は皆さんに紹介したい超有名タコス店が商店街の2階にあるんだ。今回は食べられなかったけど、次回の佐世保旅行の時にまた。(いつ行くんだ?)

佐世保バーガー関係サイトーーーーーー

個人で食べ歩いているサイト
http://www.cherrypalace.com/main/diary/hamburger.shtml

佐世保観光コンベンション協会
http://www.sasebo99.com/sight_sasebo/index.shtml



e0011934_15253069.jpg


BigManのまえにカップルが似合いますね。
e0011934_1525422.jpg


BigManのチーズバーガー。シンプルでうまい。
e0011934_1525542.jpg


ブルースカイのベーコンエッグバーガー。ちょっぴりよくきいた胡椒がたまらん。
e0011934_1526881.jpg


愛想の母ちゃんは無茶苦茶手際よし。
e0011934_15262077.jpg


ブルースカイの懐かしのネオン
e0011934_15263015.jpg


何でこれがメキシカンサンドとバナナジュースなの?
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-11-30 15:31 | B級ぐるめ

新書を探せ!

ランキングクリックしてください。

新書検索

明日から4日間程度、先週末に行った佐世保の話を書きたいと思ってる。
今日は佐世保の四ヶ町商店街協同組合理事長の竹本慶三さんに絶対読めと言われた本の検索から始まる。
本は
「大型店とまちづくり—規制進むアメリカ,模索する日本  矢作弘著」
である。
実は日経ブックストアで取り上げられていた物でよんどこかな?と思っていた本だ。
確か岩波の新書だったよな、と考えながら、アマゾンで検索しようと思っていた。そういえば、最近新書を買うことが多いので(ごめんなさい。左横の本の欄更新してませんね。感想文も書いてないぞ。)新書のサイトってありそうだけどとおもってこれまた検索!
なんとすばらしいサイトを発見。
次期IEやFirefoxの一部に現在組み込まれる予定のタイプの検索ができる新書専門サイトを発見!!!
このサイトでは検索エンジン「GETA」をつかっている。
これは大きな枠に大分類のキーワードまたその内側に小分類のキーワードのグループとなっている。
このメタ検索タイプの場合、小グループ、大グループが並列状態で重ね合わさっていたりして、条件が重なるようになっているサイトもある。非常におもしろい考え方だ。(このサイトはそこまで複雑ではない。)
自分の考えだけでは出会えない物(ここでは新書)にであえるようになっている。

またこのサイトのよいところは、検索結果が背表紙として出てくることだ。本好きには逆に判断しやすいように思える。確かこんな本だったよな?って探す場合は役に立つかも。
新書好きな人はすぐにブックマークしてください。

あ、最初に戻って一応、アマゾンに新書を注文しましたよ。一緒にコンパクトシティに関する本も少し。では、また報告を。(本当にするのかよ!?)

新書ウェブマガジン[KAZE]

[KAZE]検索エンジン


e0011934_18315611.jpg


検索サイト!

e0011934_18322239.jpg


「大型店 まちづくり」で検索。検索結果。

e0011934_18324678.jpg


「ガーデニング」で検索。大分類の樹木にポインタを持って行った状態。その言葉が含まれる頻度と関係性を判断してそのキーワードの周りを照らす光の大きさが変わる。
とりあえずやってみて!!
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-11-29 18:36 | 映画・演劇・本

シェフはアメリカ帰り

ランキングクリックしてください。

今年はM会の屋台例会でH会、MY会の幹事を招待したと言うことで、それぞれ11月例会でM会の幹事を招待してしていただいた。
 MY会は、お祭りを模した大がかりな家族例会であった。大変盛況な例会で、大満足させていただいた。本当にありがとうございます、FK代表。
 H会の方も家族例会で日本に二台しかない「クラビオラ」という巨大なピアニカをひくバンド「こゆみこ」の演奏会だった。
 「クラビオラ」というのはいい音色がでる。招待席で一番前の席にいたので、直に音色を聞き感動した。
 こんな話を書きながら、B級グルメの話を書いていく。H会の定例の会場は「広ステーションホテル」なのだ。
「今日の料理は、おいくらぐらいですか?」質問の相手は事務局を担当しているSSKさん、ここの経営者だ。
「忘年会の3800円のコースだよ。」
「へえー、結構ボリュームありますよね。」
 よく話を聞いてみると、二階はレストランとして使い、一階はウェーティングバー兼、ライトミールカフェらしい。
「一階のお昼はいつもいっぱいだよ。夜も結構はいってるよ。今度来てみて。」
「へえ」

早速、翌々日に行ってみた。日曜日の昼食を取りに行った。カフェの名前は「レポ」。
11時30分からオープンだそうだ。着いた時間は11時20分。周りを見回してみるとびっくり、ランチのオープン待ちが10名ほどいる。
 魚、チキン、生春巻きなどの前菜を一つ選び、メインディッシュを6種類か7種類の中から選べる。パスタやグリルなどいろいろある。さらにデザートと飲み物、ライス、パンを選んで税込み1500円であった。
 食べ終わって、大満足である。
 一緒に入ったお客やその後のお客を観察して驚いたことは、あまり、呉や広島のカフェで見ることのない幼児から高齢者の家族づれの団体が2組以上いたことだ。
 もちろんデートの20代カップルも。
さらに言うと、70代のおばさんおじさんの「たのもし会」も(ちょっと古い?)。
 多くの食事がわかりやすくチョイスできる点が、幅広い層を呼ぶのかもしれない。
SSKさんに食事を済ませて話を聞いてみると
「シェフはアメリカのフォーシーズンズにいた50代。実家に戻ってきたんだ。でもシェフの料理でなくて、僕たちが食べたい料理を要求している。要求した料理をどうアレンジするかがシェフの腕の見せ所と思っている。」
 芸術的なものも必要なんだろうが、作り手側の一方的な物でない控えめさも入りやすい店作りにつながっているようだ。
 何でも食べるものに興味のある僕としては是非、シェフの好き勝手な料理も食ってみたいもんだ。
e0011934_1784116.jpg

癒し系バンド こゆみこ
e0011934_1785514.jpg

クラビオラを演奏する小林さん。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-11-21 17:10 | B級ぐるめ

佐世保バーガーの味は段取り次第!

ランキングクリックしてください。

 11月26,27日に佐世保バーガーを食べに行くことになった。
 バーガーだけでなく、佐世保の商店街が今活気づいていると言うことをきき、あちらのがんばっていらっしゃる若手の方の懇談が主な目的だ。
 TMOの原田さんにコーディネイトして頂きできた企画だ。

 ところで初めて会う人に、商店街を案内してもらい、そのあと懇談というスケジュールで、佐世保に行くだけの価値のあるツアーになるのだろうか?
 このままでは、よっぽどホストが招き上手であればいいが、でなければよくある話の進まない異業種交流会になってしまう。
 せっかく原田さんがよい世話を買って出てくれたのもあるし、佐世保バーガーをよりおいしく食べるためにもちょっと準備をしようとおもっている。

 僕が、どこかを見学に行く際にやる準備はスケジュール等のメモは当たり前だが、その分野に関係するだろう事柄について自分の生活から抜き出すことをやっている。
 その場で自分のメモした事柄について、聞くことができないこともあるが、旅から帰ってら見学したことを思い出しながら、自分の記した事柄を再考してみる。その時になれば、新しい情報と新しい気づきが加わり、より満足感が出る。
 その成果を他人に話すのも勉強になる。自己満足のマスターベーションといわれようが、他人に話すことで、新しい発見がさらに加わることがあり、覚えてなかった些細なことを思い出すのだ。

今回は、参加者にこの提案をしてみようと思う。参加者は中央地区商店街に関連する若者たちだが、彼らに今自分で気になる町の様子を箇条書きでピックアップしていってもらおうと思う。
俺式を押しつけるのは何なんだが、できる方だけでもいいから、やっていただきたい。
また話を進ませるために、あちらにとりまとめた物をファックスし、懇談の資料にしていただこうとも思っている。

僕は、会社やそのほかの場所でも大概、段取り役だが、段取りの70%が行き過ぎや、的外れになる。だが、残り30%が、普通にやるだけでは感じられない感動を生むと思っている。それは他人を喜ばすだけでなく、自分自身の段取りにもつながるはずだ。


読売新聞(九州版)より
http://kyushu.yomiuri.co.jp/keizai/watch/wa_506_050629.htm

佐世保四ヶ町商店街
http://www.yonkacho.com/
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-11-18 09:07 |

考古学

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



 先週末に行った温泉は、粟倉温泉。
鳥取と兵庫との県境にある岡山の西粟倉にある。ここは20年来の第三セクターに運営されている智頭急行がとまる。智頭急行の風景は心安らぐすばらしい物らしい。
 時間の関係でこれに乗ることはできなかったが、北から(鳥取側)終点間近まで線の脇をおって車で下っていった。



e0011934_22555441.jpg


       西粟倉駅にて


 心の安らぐ風景とは何か?

 今参加しているプロジェクトのなかで、ある箱物の庭の演出を任されている。
 心安らぐ風景を現在の時代の中で表現する庭にするには、どう工夫すればいいか考えている。
 昔風景や、安らぎを喚起するアイテムなどを象徴や雰囲気に変え、新しいデザインの中に生かさなければいい物ができないと考えている。この箱は、20代後半から30代後半がターゲットであることから、できるだけシンプルなミニマルデザインを中心にし、花やオーナメントグラスで脇役を固めようと思っている。

智頭急行でみた丘陵を何とか生かせないかと言うことで、昨日デザインの変更を変えた点がある。二階にある芝生のガーデンでは、丘上の武家屋敷でよく使われていた土壁の高さを参考にすることにした。縁台から低い壁を前にして見える物は、丘陵を自分の庭の借景にでき、下界のざわめいた風景を排除する方法だ。壁の高さは約85センチから120センチだ。

庭の構成を考える上で、目的によって違うが、このように、自然からのヒントが、多々ある。よく言われることだが、自然の中の景色や形、昔からの様式というものは困ったときの非常にいいヒントになる。もし皆さんが人間関係や仕事に生きづまったら、自然の中を歩いてみたり、自分の生きてきた時代より古い物の中に自分をおいてみたらどうかな。
考え方だと思うけど、図書館なんか僕は最高に安らぎ、いいところだと思うよ。


e0011934_22561123.jpg

町営粟倉温泉元湯 すどまりは3000円台。二食ついて7600円。湯はいいと、地元の人はいっている。僕は結構好きだな。こんな温泉。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-11-16 22:59 | おしごと

映画祭

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



 岡山のはずれの温泉に行ってきた。湯治場だった。その帰りに倉敷によった。
 最近、TMO原田さんにS熊で偶然会った時に言われたが、「最近、(中央地区関係の)会議でみませんね。」そのとおり、ちょっとあるプロジェクトのメンバーになったり、植替時期と重なったりで、最近ほぼ毎日会議が入っている。一ヶ月ほど前に中通のK松さんからの「映画祭をしたい」と提案を会議で聞いた。懐かしの映画で中央地区の中高齢者むけおまつりのひとつとして開催したいとのこと。
 倉敷には、昔の作品しか上映しない映画館がある。「倉敷東映」。何の因果か、ちょうど次回作が「仁義なき戦い」。


e0011934_7431395.jpg


 写真のような入り口看板は昔ながらの手書きで、少年時代に見た映画を思い起こさせる力があるように思える。
年に一度、こんな看板だらけの街にして、年に一度盛り上がる祭りもいいと思う。ぼくも見たことない、古い映画を年に一度、僕のおばあちゃんと一緒に見に行けると思うとわくわくする。


e0011934_744402.jpg


 まだK松さんがこの考えをもっているんだったら今度は賛成に一票入れよう。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-11-16 07:46 |

野球帽

ランキングクリックしてください。

 今日は、みんなの気持ちよい酒場の写真ができあがってきた。
 一週間ほど前の話になるが、M会でHTVの田坂るりと現野球解説者 加藤伸一、ふたりにパネラーとして「カープ放談」にでていただいた。コーディネイターは代表幹事のS熊マスターである。
 ぼくは、4時には会場準備をすまし、別の会議に出席した。
「カープ放談」のおわり30分ほどに顔をのぞかせることができた。静まりかえってては企画的にまずいな。なんて考えながら会場に入ったが、会場は「とっちゃんぼうや」(平成教育委員会曰く:いつまでたっても少年のような親父)でいっぱいになっている。
N谷先輩やM先輩、そのほかにも50代から60代の先輩方が、加藤元選手と女子アナに、自分がどれだけカープマニアか少年のように自慢しあっている。実際は、質問コーナーだったんだが、最後には涙声でM先輩は「紀藤じゃなくて加藤だったんだよ。ぼくは君のシュートが見ていたかった。カープにコーチとして戻ってください。」となんだが盛り上がっていた。パネラーの横に座っていたS熊マスターは大満足である。
 いつまでたっても、野球の話をさせると、男は少年になるなと思える日だった。
 でも顔があのままで、野球帽をかぶって、体が少年ってところを想像したら吹き出してしまった。(先輩方すいません。)


e0011934_22235786.jpg


加藤さんもびっくりするぐらいよくしゃべったK光さん。


e0011934_22263039.jpg


TMO原田さんもHふり先生に誘われ、一緒に撮影。


e0011934_22253971.jpg


「かとちゃん、ぺ、やって!!」


e0011934_2226165.jpg


田坂さんと加藤さん、ありがとうございます。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-11-15 22:28 | つれづれ

祝!! 結納!!

ランキングクリックしてください。

 若い仁井君(僕よりひとつ下)の結納祝いパーティーをOぐりんていで開いた。
 後輩の祝い事は、みんなうれしいもので、本人登場の3時間前からもりあがってしまった。会場を提供して頂いたOぐりんていのO倉さんは、奥さん告白によると「おもてなし、おもてなし」と前日からそわそわしていたらしい。ありがたいことだ。
 僕は今回、食材の担当をさせて頂いた。できるだけ、素材でおいしいものを二人に食わしたかったので、知り合いを総当たりし、いろいろ集めた。最後には、US井さんと二人で食材ゲットに自ら行った。

食材リスト(野菜は無農薬有機栽培。知り合いの農家から集めました。)

 晩生タマネギ 「平安球型」
 ネギ 「分系九条ねぎ」
 カボチャ 「白雪姫」
 茄子 
 白飯(焼きおにぎり) 本郷の晩生米
 ブロッコリー 「シャスタ」
 
 松阪牛(最高!!)
 アマゴ(広島で二番目にきれいな水源そばの養殖物ー釣り堀。この日の朝、釣りました。)
 アマゴの卵(釣ったものの卵。その場で醤油と酒に漬けて、おつまみとして出したよ。)
 つくね(K屋のつくねをやきました。)


 後付の祝いの台詞だが、二人へ。
「おいしい野菜は、手間がかかる。おいしいというのは一番最後の気持ちなんだ。いろいろ大変な道程があって、おいしい夫婦生活(O倉夫妻のように)だと気づける二人になってください。」(ちょっときざでしたか?)
 
 ところでOぐりんのB級グルメの徹底ぶりには完敗しました。どんなにおいしい素材の焼き肉でも、最後に鉄板焼きの粉末ソース焼きそばでしめると言うのは驚きです。これがうまい!!まけました。


e0011934_13541063.jpg

準備中のみんな。O倉さん、M下くん、K西さんやK部くんもいます。

e0011934_141426.jpg

仁井カップル、登場。ちょっとその後にキーボードの久保さんもいます。久保さんありがとう!

e0011934_142516.jpg

K清さんはこの後Mushashiと怪しいことを......酔ってますよ!!
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-11-06 14:05 | つれづれ

たまらん、締めの御飯。

ランキングクリックしてください。

 昨日は、いつもの「鶏気舎」でU都Mくんとマスターと僕が10月生まれということで、11月に入ったけれど、誕生日会をした。
 といいながら、何人か同級生が鶏気舎に行くという情報もあったのでU島マスターのところで開くことにした。
 ここは、別段、打ち合わせてないのにいつも先輩方がきていることが多い。今回はK芝クリーニングのK芝先輩やブログのU中T先生がいらっしゃった。昨日は、よっぱらったK先輩が「M会の再来年の幹事頼むよ。」とおっしゃっていたが、帰り際に僕たち後輩たちにとご援助してくださった。

 K先輩、ありがとうございます!

ところで「鶏気舎」の裏メニューがあるかという話になった。そんな折「白御飯、食いたい!」とS浦さん。気の利いたマスターが考えたのが、鳥屋だけに「卵かけ御飯」。
ちょうど炊きあがった釜に、だし醤油と4つの生卵をボールでかき混ぜたものを、直接入れて、おおざっぱにかき混ぜる。
 キュウリの新香と鶏スープと、「卵かけ御飯」。これと一緒に出てくるのが鹿児島産の甘口醤油。数滴たらすとかなりうまい!!たまらん。
 さすが、マスター。最高の締めですね。感心した。

 皆さん、どうしても食べたかったら、「でぶログみたよ。」といってみて。出してくれるかわからないけど。

おでぶな話だったけど、ダイエット中の僕は、やっぱり昨夜もおいしさに負けて馬鹿食いでした。


e0011934_1032922.jpg


卵かけ御飯は上がり(「出口」)には最高。定番メニューにならないかな?



e0011934_10332687.jpg


作ってる本人は、まだ試食してないそうだが、結構お持ち帰りに人気の「照り焼きサンド」。独身じゃない人はかってったね。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-11-03 10:36 | B級ぐるめ