カテゴリ:モバイル( 6 )

またまたマニアック...でも

ランキングクリックしてください。

皆さん、ネットでもうニュースを見ただろうが、アップルのiPhoneの発表があった。

正直、びっくりである。

でるでると言われていたが、いつも噂どまりであった。
今回の発表には度肝を抜かれた。

いまアメリカの携帯市場でスマートフォンは、OSで分けると大きく4つになる。

Palm OS
いわずとしれたPalm PDAを携帯電話と結びつけたもの。3Gには現在のOSでは対応できない。

Blackberry OS
日本では、唯一ドコモが海外勤務があるだろう会社のみに法人契約で販売している。

Symbian OS
日本では、多くの携帯電話のベースとして使われている。ドコモ、ソフトバンクが中心。
m1000などは前面に出ているが、東芝や日立、富士通、シャープは密かに一般的な携帯に採用している。(キャリアが推奨している。)

Windows Mobile OS
ノキアもそうだが、韓国、台湾メーカーの採用が多い。特にGSM系(欧米系通信規格)と3G系(日本発の通信規格)とハイブリットモデルが多い。最近ではHTCのドコモ、ソフトバンクやWillcomのWzero3などが有名。

(PalmOSのものを除き、スマートフォンはほとんどのものが、3G規格で使えるものが増えてきている。)

現在もっともシェアが多いのはwindowsモデルである。
さて、何にびっくりしたかというと、ハードのデザイン性とOSとコンテンツの統一感である。
OSも公表だとMAC OS Xとなっている。
ソフトの設計とハードの設計が同じ会社で同じプロジェクトで行えるおもしろさがここにある。確かに販売量はWindowsMobileモデルに比べれば、機種の数も違い、比べものにならないとは思う。しかし、少なくともiTuneを使っている方は、飛びつきそうなモデルだ。

最近のアップル製品は、中身の設計と外観の設計が伴っている。
1984年に発売されたフロッグデザインのPlusは初めてマウスを標準装備したパーソナルコンピュータだった。その未来を(スタートレックのデザインにもにていた。)想像させるデザインは未来のシステムをもたらした。

そして、OS Xの登場は、アップルに七色のロゴを捨てさせた。まったく新しいBSDベースのOSは、全くunixの煩わしさを感じないまま、生活になじむアプリケーションを走らせることが可能だ。(iPhoto,iMovie,iCal,iTune,iDVDなど)
特に、デジタル家電がこれだけあれば、それを扱うセンター的ものを目指すのがアップルの次の目的だそうだ。(アプリケーションでiLifeというものが実際ある。)
またそれを実現するためにiMacは限りなく、シンプルになっていった。

非常に形と考えがコンセプトして生きている。

今回は、多くのスマートフォンの持つキーボードを排除し、スタイラスペンをもなくした。最も簡単なUI(UserInterface)ツール
は自分の指であると。タッチパネルのセンサーロジックを見直し、指の動きで多くの動作を使い分ける。またその仕草がわかりやすいようなものになっているらしい。(iPodのホィールもなんだ?と思ったがさわるとこれほど単純で楽な方法はないと思わせた。)
大きく美しく見えるものは、そのままに。そしてできるだけ、直感的に、誰にも使えるように、そんなスマートフォンのデザインは、心技一体という言葉が非常によく似合うものだと思う。

ただ日本ではこのiPhoneは使えないGSMの5バンド対応であるが3Gは未対応。
そして「cingular」(米大手キャリア)の「EDGE」というネットワークをつかって、YahooUSAのメール(プッシュサービス)やGoogleMapの情報をコンテンツとして使っている。
(「cingular」は現在でも多くのGSMユーザーを抱え、3Gユーザーが少ない状態だ。
その代わり、3Gより遅いが、GSMより早い技術でプロバイダーをかねたEDGEを安価に提供している。)

iPodがデジタルオーディオと音楽のネット販売を広めたように、iPhoneによりスマートフォンの世界が広がる予感がする。
問題点は高速化し、大画面化する電話が多く発売される中、日本のネット利用がiModeを代表とする携帯サイトが中心ということだ。

どうでしょう?O氏?

PS.
ジョブ氏がふれていない点で大事なところは、オフィスの存在ですね。さあどうなるかな?
OSがMAC OSというところから、代替ソフトは開発が簡単かな?


アップルのiPhotoサイト
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2007-01-10 13:05 | モバイル

超マニアック モバイル?

ここ二つのブログは外から書いている。
(モバイルの話なので興味のない人は,スキップしてください。)
僕のモバイル環境は,いろいろあるが,現在一番使っているのはPALM社のLifeDriveとDoCoMoM1000,Willcom京ぽんの環境である。
もっともユーザーインターフェースが熟しアプレットが豊富なのはやはりPALMである。これをネットと結ぶのは,無線LANかBLuetooth経由である。この二つの方法が採れるのもLifeDriveの特色である。さらに特筆すべき点はハードディスクを内蔵していることである。中に4GBをHDがあるのは,いろんなデータを持ち歩ける。地図データや音楽データ,映像データなども可能だ。いざというときはデジカメのデータのバックアップも可能だ。

 しかしこの機器にはいろいろ一般では使えない弱点がある。(すきものでないと...)
実は日本語が通らない。一番の弱点は,直接通信の手段を持たない。
日本語化のツールはSharewareでの販売があるが携帯自体を埋め込むことはできない。唯一できるのはSDIOをつかってWillcomのカードを使うことができる。
あとは現在WEBやFTPの主流である文字コードUTF-8の2バイトが通らない。何せPLAMは英語圏なので,UTF-8の英数部分は従来通りで通るのである。現在のブログは,ほとんどがこのUTF-8である。この表示ができないのである。
いくつかの解決方法がある。
たとえば,ブラウザをNetFrontにかえる。
NetFrontはCLIE(SonyのPlam互換機)にのっていたがCLIEのROMにいただけで,その後はPlamへの開発は行っていない。現在はCEやJAVA,携帯への開発が中心である。
ではどうするか?ハックするしかないが,一部バイナリーの書き換えが必要である。
素人がするには,まずドイツのあるサイトから,Clieのインストーラを探し出す。こんなハッキングパッケージが存在する。(CLIEをもっていると違法じゃないかも?)それをセットアップした後に,自分のCLIEから,HR系のフォントデータと機能拡張を抜き出し,Plamにインストールする。これでほとんどのWebが閲覧可能になる。
本当にパソコンのブラウザと同じように使える。さらにCLIEの数倍早い現在のPlamなので非常に快適である。

と長い文章を書いたが,実際使えるようにするには結構な苦労と快楽が伴う。

そこで長くなったが最後に最も簡単で現在もっとも使いやすい環境のモバイルを紹介する。
欧州で発表されたWinCE搭載のPalm Treo750vだ。Palmってかいてあるが,実際OSがちがう。Palm社の方針転換でfomaでのベースOS(このモバイル機器は携帯内蔵のPDA:SmartPhoneである)の自社OS採用が見送られた。

ここのSPは,英語版のVodafoneバージョンだ。O氏に悪いが,実はこのSPはアンロックバージョンで実にDoCoMoのカードも使える。違法でも何でもない。
あとは,日本語化パッチを当てるだけ。
この機器では,現在HTCがDoCoMoとソフトバンクから出しているモデルに比べて,キーボードが非常によくできている。Plam社が長年培ってきた使いやすいキーボードがついている。
その上,NetFrontが自由に動く。もちろんATOKも馬鹿なIMEでなくて動く。
あとは,PalmOSなら文句ないが...

もしかして僕がこのマシンを使ってたら,Vodafoneのシールが貼ってあるが中身はDoCoMoFOMAカードが入ってると思うよ。

さて,だれが僕の使ってるところを見つけるか?


Palm750v
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-11-25 08:45 | モバイル

iPodのおみくじ的考察、おみくじのiPod的考察

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



iPodのおみくじ的考察、おみくじのiPod的考察

 現場に向かう今朝、助手席のおじさん(アイビーを手伝ってもらっている人)としゃべりすぎて一本、はやい道を曲がってしまった。
 ちょうど亀山神社の前を通ることになった。「ついでだから拝んでいこうか?」「いいね。」と言う話になり、二人で神様にお参りをして、賽銭箱の横にあるおみくじを引くことになった。
僕のおみくじは
「風吹けば風ふくままに港よしと百船千船うちつどいつつ」
で大吉だった。

 おみくじは、おみくじ箱に入っていた。その中の数は1000以上入っていると思う。そこから引くおみくじには必ず和歌が書いてある。
出典はいろんなところ(『拾遺和歌集』や『古今和歌集』など、最近は『万葉集』からもでているらしい。)からだ。しかしどの和歌も後世に残っているだけいい物らしい。
 おみくじの解説を読んでいると古語の苦手も僕でもよくわかる。季節感や人の心やものの摂理をよく表している改めて感心する歌が多い。
 さて毎回おみくじを引くと、どの歌がでるかわからないが、思いがけない和歌に出会える。既読のものもあるが、それでもなお再度感心したり、その時々で教訓じみて考えてします。

「この感覚どっかで会ったな?」

iPodで音楽を聴く感覚に似ている。
iPodはwalkmanとは大きく違う。もちろん音楽を持って外に出るというコンセプトは一緒だが、一番違うのは、「量」である。
ほとんどの使用者がそうであるように、iPodの再生方法の基本が「ランダムプレイ」なのだ。CDの枚数で100枚以上はいるiPodはまさにミュージックサーバである。一度聴いた音楽、数年前に聴いた音楽、初めて聴いた音楽、いろんな音楽にあえる。無尽蔵ではないが、おみくじと一緒でその音楽はその時間時間で意味を持つ。その時間でちがう意味にとれるおみくじの和歌と一緒だ。
walkmanは、今自分の気持ちにあったテープをもち、自分の方向や発想を促す物だ。
しかし突然会う音楽や和歌は、新しい発想や出会いを思い浮かべる物になる。

「量」が違うだけで誰が、こんな事を想像しただろうか?制作したAppleもこんなにランダムプレイが基本の再生方法になるとは思わなかったと思う。

ところで「おみくじ」は箱の中に入っているのは1000前後だと思うが、実は種類は20種ぐらいだそうだ。(ちょっとだけ落ち?)

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-10-21 01:29 | モバイル

ペットの識別

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



ハリケーン被害とペット

 僕はNTT出版が運営するサイト「Wired」のニュースを購読している。
 昨日のニュースでこんなのが掲載されていた。(リンクページを適当にまとめたのが下の段落。)
 今回のハリケーン被害で大切なペットと離ればなれになった方が多いそうだ。もちろん、人間様とも会えないままの人もいるんだから、当たり前のニュースだが、ここからが違う。
 これを機会にある会社がペットの識別用発信機と識別機を被災地に寄付したと報道された。(米粒大の埋め込みチップ2000個と識別機28台)
 米デジタル・エンジェル社はこれにより再度、生き別れになってもペットも誰の物か識別機ですぐわかるという。
e0011934_131739100.gif


 実はアメリカでは、人体にチップを埋め込み、医療データや社会保障番号(アメリカで一番身分(市民である)を証明しやすい物)を識別できるようにする計画がある。もちろん人権擁護団体からのねづよいはんたいがもある。これの開発に当たっている会社の一社が米デジタル・エンジェル社の親会社、米アプライド・デジタル社である。

 どちらにせよ、社会貢献になっている寄付だが、なんかお試しセットをスーパーの前でもらったような感じの話だ。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-09-22 13:19 | モバイル

iBot

ランキングクリックしてください。


機械が嫌いな人でも読んでみて。ブラウズしてたらこんなの見つけました。「iBot」

 SEGWAYという乗り物があるのを皆さんご存じでしょう。二年近く前になるかな?二輪並列の電動スクーター。
 「Segway」はジャイロをつかって二輪のバランスを制御し体のバランスを前に傾けると前進しスピードをコントロールできる。後ろに傾けるとブレーキが掛かり(モーターブレーキ)減速するものです。いろんなタイプ(コミュータ用や郵便屋さんの使えるものや、ゴルフバッグが取り付けられるタイプなど。ゴルフすきな人はゴルフ場に勧めてみては?)が現在は発売されており物好きなアメリカ人の足となっています。(日本では道路交通法のおかげで、走行不可能。最悪。)たぶんここまでは皆さんご存じだと思う。e0011934_1472726.jpg
 このジャイロ制御の技術が福祉車両という面で活躍しそうなんです。
ジャイロで制御する4輪の車いす。「iBot」
車いすは4輪と当たり前じゃない?とお思いでしょうが、実は2輪制御できる四輪。要するに4輪の内2輪で立ち上がれるものです。これによるメリットは、車いす利用者が一人で階段を上り下りできるようになるのです。
そのほか2輪の状態で視線を高く設定することで、今まで見たことない世界が見えるというのです。いつも下から上をみて人と話していたのが同じ高さで人と話せる、すごいことかもしれません。
 こんな事に生かされる技術革新は本当にすごいですね。
 アメリカでは2003年8月に開始されています。当時の販売価格が29000ドルです。これは先にあげたSegwayより先に開発販売したことになります。(実はSegway発明のディーン・ケーマン氏開発したものなんです。これをあのデカデカ企業J&Jが製品化と言うことです。)
 発売当初は「iBot3000」でしたが今では「iBot5000」となりかなりの改良が進んでいるそうです。
 日本でもJ&Jが販売していましたが金額の問題なんでしょう。2004年度に販売が停止したみたいです。なんとか使える価格になるように開発を続けてもらいたいですね。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-08-24 14:09 | モバイル

モバイルのカテゴリー初めてだ。

ランキングクリックしてください。

機械の苦手の人は読み飛ばしてください!!



 初めてのカテゴリーに文章を書く。
ブログにしょっちゅう登場するO倉先輩から念願のM1000を貸していただいた。貸し出し用の実機をかりて2日がたつ。
 僕の仕事柄、会社の外にいつも監督や営業でいる。そこで得意先や問屋、部下からのファックスが多い。実はみんなメールが使える環境なんだが、なんかファックスが多い。それを外出先で受け取るために、今まではCLIEとFOMA F900itを使っていた。(Bluetoothで接続)で、これでできるの?って言われるとできない。ファックスをメールに変換するサービスがあるんだ。これを利用する。結構便利。もちろんこの逆のサービスもよく利用する。
 M1000を借りたには理由がある。(O倉さん、すいません。これはあくまで僕の感想だから、気にしないで。)以前使っていたF900itは故障が多い。3回ほど修理してもらった。そこで携帯をSH901isにかえた。同時にbluetoothが使えない。2週間ほど前からCLIEの調子が悪い。そこで両方の機能を備えたM1000を借りることにした。
 ファックスの送受信に関してはmoperaUの関係(mopera使用でおくれる。)で送信が今のところおくれない。
 受信は送られるファイルがTIFF画像なので標準のビュワーでは見ることができない。そこでMotorolaの海外で発売されている同モデルA1000対応のアプリ(.sis)をインストールして使ってみた。インストールしたアプリ「BlueEye」はTIFF画像も見られる万能ビュワーだ。これは動作確認がとれ、受信ファックスをのぞくことができた。
 このほかに現在動作確認をとる予定は、ブログのRSSリーダである。これをアプリであるか調べている。
 では、電話としての機能はどうかというと、思いの外、使いやすい。タッチパネル部分はよく反応して、ボタンが大きく使いやすい。
電話帳もデスクトップにアイコンを配置すると非常に使いやすくなる。電池の持ちもよい。BTをオンにすると悪いと思う。現在試用していない。

2日目の感想====
問題なくSymbian OSのアプリが動くことに感動。一部BTやAirLAN系のAPIに縛りがあるとの報告があり若干心配はあるが、正直ほしい。
予約を入れたいが、機種変したばかりだし。でもほしい。VodafoneのNOKIAの方はほとんど海外販売バージョンと変わらないが、さすが安全第一のドコモ、通信に関してはかなりミドルウエアの段階で縛りがあるそうだ。
どちらにせよ、VodafoneのNOKIAより自分的には使いやすい。なんせPsionUserだし。
あと一つ気になることがある。たぶん購入を考える人みんなだと思うがiModeが使えなくなることだ。僕の場合は天候が仕事に影響を与える。この天気の情報は「WeatherNews」のサイトに入っていて本当によかったと思うことが多々ある。「今から雨がこの地方で降りやすくなります。」「台風が発生しました。今後の進路に.....」など。このメールがこないと思ったら、このサイトに行けないと思ったら.....これだけが悩みだ。また考えよ。
e0011934_18341477.jpg
SH901isでとったM1000
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-08-21 18:41 | モバイル