カテゴリ:呉( 54 )

加藤博氏の講演

ランキングクリックしてください。

 昨日の加藤博氏の講演は、多くの人に聞いてもらうことができた。
 最悪の状態でよく100人もの人が集まってくれた。遠くは熊本、三原、から来られた方もいる。
 抑圧すると逆に相手が仮想の敵(更に大きく強靱)になる場合があり、抵抗はしぼむか、ふくれあがるかするどちらかだろう。
 今回は、良いように盛り上がった。
加藤氏も盛り上がりには予想以上とのこと。
悪い噂は、どこまでも突っ走るらしい。H氏の現状もなぜか加藤氏もご存じだった。

「どこのね、都市でもね、加藤が来たと言えば、市長とね、S会会頭は懇談したがるがね、呉市はね、どちらもないよ。」

「ははははっは..!」会場は大爆笑だった。
 参加者のバランスは、県関係者、広島市関係者、呉市商工観光、市民団体、商店街、一般市民と多様性がある構成だ。

 さらに「若い人がこれだけ多い講演会は久しぶりだね。絶対活気あるよ。がんばれよ。」と加藤氏は打ち上げで語っていた。

 コンパクトシティ、中心市街地活性化法、中心市街地活性化基本計画、評議会という言葉を聞いたことがあるだろうか?

加藤氏のいる青森市は中心市街地活性化基本計画の第一の認定を富山市と受けた。

 青森市は年々雪が減っているが、なぜか除雪費用は鰻登りだった。なぜ?
実は、除雪面積の拡大と、交通の不便さがコスト増につながることが分かったそうだ。
なぜ、除雪面積の拡大が始まったのか、それは、無計画なデベロッパーが市街地部分の開発をあちこちに行ったおかげで、インフラ整備事業費とメンテナンス料金が大幅に伸びたのだ。
これに気づいた加藤氏達は、街を
インナーシティ
ミドルシティー
アウターシティー
と3区域に分割し、無駄な開発を防ぐ構想をたたき出した。

ここからは、青森市の環境行動指針や
http://www.city.aomori.aomori.jp/seikatu/kankyo/gaiyo/sisin.html
都市作りのページを参考にしてもらいたい。http://www.city.aomori.aomori.jp/

 何より心に残ったのは、
「市長自らタウンマネージャーであること。プロデューサーであること。」
 タウンマネージャーはH氏の仕事である前に政策を考え実行できる人間が、そのものであるという考えは当たり前でありながら、「はっ」とさせられた。
 国や日本商工会議所は本気で街おこしを考えている。僕らの市民レベルや商店街レベルの行動を十分に支援できるところに来ているという現実を教えていただいた。
 付け加えると講演前にこうも言われた。
「力のある人間と手を組め!くまなきゃできんよ。」
 なにやら恐ろしい言葉のように思うが現在の歯がゆい呉の状況をよく指摘している。

 呉の街おこしのパターンは、市民レベルから盛り上がるという非常に珍しいケースなのだ。だから余計その言葉がしみる。

 来月講演会のある佐世保の街は、竹本氏が市民と力のある人との両方を楽しく巻き込んだ事例を紹介していただけると思う。

 さて呉はボトムアップからトップまでたどり着けるのだろうか?

 加藤先生、本当に勇気の出る言葉、ありがとうございました。
参加者の皆さん本当にありがとうございました。
 H氏、堀江さん、西田さん、ご苦労様でした。
(3/3の後援会も参加マストです。)

 今回のことを今後の行動に生かしましょう。


PS どうしても、聞きに行きたくてもいけなかった方に、音声を貸し出します。その代わり3/3の後援会に来てくれる人だけ!条件付き!冗談!メールください!

e0011934_14523928.jpg

急遽主催をした「中央地区を考える会」代表の堀江さん。緊張しています。
e0011934_14525028.jpg

後でいつものO氏が「先生、目力があるよ!」と行っていた。あつい加藤先生。
e0011934_1453267.jpg

100名の参加者!3/3はこれ以上来てもらわないとね。さすが、H氏。
e0011934_14531270.jpg

WhiteBearでとりあえず一杯。
e0011934_14532370.jpg

「ねぶたに来いよ!」と加藤先生。
e0011934_14533418.jpg

最後に残ったいつものメンバー。
T村夫妻、O氏、K西マスターありがとうございます。H氏、西田さん、いつもご苦労様です。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2007-02-10 15:03 |

継続可能な危機

二月九日に行なわれるNPOタウンマネジメント呉 主催のコンパクトシティに関する青森県の加藤氏による講演会が急遽、中止になった。先日のことだ。
明後日が講演日だが一週間を切っての中止は有りえない。
中止の理由は一通の手紙からだった。「そこそこ集まったけど、あと一息だな」とH氏は知人(市民団体)を中心に参加の案内した。
数日経って、S会議所の一番偉い方がNPO担当を呼び「即刻、中止!」と言い出した。
出した手紙を読んだ彼が見た差出人に問題があったらしい。
NPOの代表者の名前になってないことが売名行為と捉えられた。
最近流行りの言葉で「継続可能な(sustainable)」という言葉がある。
この言葉の使われ方は街作りやボランティアの長期活動を維持するためのシステム作りに出てくる。
NPOの代表が確認したものに対して別の人が口出しするのはお門違いだ。
更に何故、代表はもっと活動しないのか、なにも動かない人が面子を大切することは呉の「継続可能な」危機的活動である。

しかしそんな人達のことを考えるのは時間の無駄である。

中央地区を考える会が主催することになった。
資金は「呉カルタ」の売上から使わせて頂くことになった。

最後にここまで書いたら分るけど、同じ日時でS会議所でなく、

スギヤ(元シティプラザカンコー)

で行うことになった。
封書で中止の内容のものが届いた方ももしこのブログを読まれた方は是非聞きにきて欲しい。
その次は僕らが開催する講演だ。
呉の今後に関心ある方は、二つ必ずきて欲しい。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2007-02-07 13:12 |

「街を楽しくするネットワーク」

以前うどん屋で来めた企画が固まってきた。

「街を楽しくするネットワーク」
講演 佐世保四ケ町商店街共同組合理事長 竹本慶三 氏
日時 3月3日 土曜日 18時30分
会場 呉商工会議所八階
主催 呉市商店街連合会と呉本通商店街青年会

実はこの一カ月まえにも素晴らしい講演がある。

2月9日 こちらも呉商工会議所八階。
コンパクトシティの実践者
青森の加藤氏の講演である。
主催はNPO。(詳しいことはTMO原田さんまで)

加藤さんの講演は、原田さんの話では、行政の方などとにかく偉い人に聞いてもらいたいそうだ。
実際のコンパクトシティとはどんなものか、どんな効果が有るのか?いまの地方都市がかかえる問題と方向を勉強出きるとおもう。

そして僕達の興味半分で生れた講演は、どんなものだろう。
実は講演会場にはいろんな呉市の団体にブースを出して頂くよう要請しようと思っている。
そこでそれぞれがやっていることを他の団体や市民に知ってもらえる様にと考えている。そこで横の繋がりが少しでも出きれば今後面白い発展があると思う。
講演ではそう言った団体や市民をたばねた竹本さんの話を聞いてネットワークの作り方や楽しみ方を勉強したい。

またつぎの日は、ブースに参加して頂いた方やボランティア団体の代表などで竹本さんとワークショップを開こうと思っている。一応こちらの方は人数の制限があるので非公開としている。
内容は青年会で今後5年間の商店街の展望に関するプレゼンテーションを行う。それに対してのどんなことが各団体や市民にとって良い発展になるか、実行可能かを討議する予定である。

うどん屋で生れた話しは、恐らく必然の出来事なんだろう。
竹本さんとの出会いや、加藤さんとの講演会のマッチング。(二つ講演はちょうどたてとよこの拡がりのある効果を期待出来る?)
手助けしていただいているよっしゃこいのT村さん。

ちゃんとそれぞれのタイミングが揃った感じがする。

楽しみしてほしい。


=案内:下の写真をクリックして拡大してから印刷してください。=
e0011934_11264110.gif

↑講演会の申込書↑
e0011934_1127171.jpg

↑団体ブース用↑
e0011934_11294932.gif

↑加藤氏の講演会案内↑

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2007-01-14 23:34 |

UU-net 「脳活性化プログラム」

ランキングクリックしてください。

先日(最近、時間がたって書くことが多いからこの書き出しが多いね..気を取り直して「あ、さて」)、UU-netの無料講座を担当として管理していた。
寂しいことに(嘘ついても意味ないので...本当のことを)参加者は二人。
無料体験授業は「脳活性化プログラム」だ。年とともに衰える脳だが、なんとか呆けずに楽しい老後を迎えるため、中年以降の人たち向けに拝聴していただければと考えた講座である。(本講座は年明けから)
最近、脳に関する研究をしている方々はあちこちメディアでも大人気である。たとえばクオリアの茂木健一郎さんやバカの壁で有名な養老孟司さんなど。でも広島でも全国的に有名な先生がいま集まりだしているってご存じでした?
今回の講師は厚生省の研究員だった方が広島国際大学に迎えられて現在大学にて更に研究にがんばられている方だ。そして日本の中でも三本の指に入る脳と睡眠の研究をなさっている先生だ。

広島国際大学 臨床心理学科助教授
田中秀樹 博士

である。

先生は、睡眠と健康や学習について研究していらっしゃる。
NHKの人気生活情報番組「ためしてガッテン」に幾度も出演している方である。
僕の身近なところでは、母校、呉三津田高校に特別講師で何度か行かれているのである。
この学校の養護教諭が睡眠と学習能力の関係に非常に興味をお持ちで先生に何度か相談したところ、学生に対して学習効率の上がる睡眠の取り方が教授しているそうだ。
三津田高校は東大に現役合格を最近多く出している。睡眠の効果も関係しているそうだ。(本当に効いているといいが..)
先生曰く、十分な睡眠が昼間の学習内容を脳に焼き付けるそうだ。あと一般的な若者の脳に必要な睡眠時間(効率的に学習能力→成績アップにつながる)は6時間以上8時間未満だそうだ。

この大先生の話は、本当に人を引けつける話だ。身近な話から、健康にまつわる話への展開が本当におもしろい。またわかりやすいチェックシートやグループ学習等でおもしろい勉強ができるそうだ。

身近な人に勧めてもらいたい。いい講座だ。

「脳活性化プログラム」
来年1月12日もしくは19日から3月9日もしくは3月16日まで
毎週金曜日 15時から16時30分

詳しくはこちらから

詳しくは 「UU-net」 tel 23-3719 原田まで


e0011934_19555944.jpg


別冊「ためしてガッテン」より(クリックで拡大できます。)

e0011934_20135917.jpg


先生のサインをもらう生徒さん達
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-28 20:00 |

きらら公園

最近、イベントと工事現場へ向かうことが多く、更新が遅れている。数少ない愛読者さん、ご迷惑をかけます。

12/26にきらら公園で、「一日おくれのクリスマス 中央地区商店街の大忘年会」を中央地区を考える会の主催で開催した。

前々日から、準備等で忙しく動いていた。
僕の担当は相変わらず、料理である。
今回は、豚のBBQとホイル焼き、あとは紅サツマイモ(焼きいも)。
雨の中の準備で大変だったが、あけてびっくり、夏の大人の夜市の一日分以上に多くの人が悪天候にかかわらず参加してくれた。

商店街は中央地区には6つある。しかしほかの商店街との連絡はほぼ皆無。
購買層は、これがひとかたまりとして「中央」とか「中通り」と呼んでいる。
そのギャップをなくす第一歩として、商店主同士が振興組合等の垣根無く話し合える場の提供をと考えたものである。

中身は達成できたかどうかは今後の話であるが、ともかく、多くの一般の方も参加してもらい大盛況であった。

僕の担当部署の食材は始まって30分で完売である。あんな苦労して(一晩)仕込んだのに30分でなくなるの?
嬉しい悲鳴である。

街のバンドの方々も参加していただき、良い感じで夜も更けていった。

 翌日の片付けの時、きらら公園の芝が雨と泥でよく痛んでいることをスタッフの全員がみて気づいた。確かに公園緑地課の方に使用許可は取り料金を支払ったが、これではさすがにあと味が悪い。
 現在検討中だが、いくらか生まれた余剰金を夏と今回の使用の感謝ということでボランティアスタッフを募り、公園の補修を考えている。
その際に、今後の公園維持(地域民)に関する指導と提案も考えている。
また決まり次第告知するが、近所の人、楽しそうと思う方、ご一報ください。一緒に公園をきれいに、また植物の勉強をしませんか?


e0011934_14531921.jpg

皆さん雨の中ありがとうございます。

e0011934_14533388.jpg

もう大忙し!ボランティア 川村君がんばれ!未来の嫁さんがみてるぞ!(早く見つけろ!)

e0011934_14534980.jpg

この大きな背中は誰?

e0011934_1454385.jpg

Croonさんありがとうございます。すばらしい歌声でした。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-28 14:56 |

ふたたび

 「かじちゃんが一番驚くゲストをよんどるよ。」
よしゃこいの実行委員の樽村さんが電話で話す。
場所は某居酒屋。遅れてきた樽村さんは,なんと佐世保の竹本さんを連れてきたのだ。
僕のブログで,視察に佐世保に行ったというものを覚えているだろうか?
これがきっかけで,「大人の夜市」や今から行う「一日遅れのクリスマスパーティー:商店街大忘年会」がはじまっている。

この夜は,本当に勇気をもらった。力をもらった。楽しい夜だった。

で,今日はその話をいつものうどん屋で仲間たちとあつく1時間以上語ったのだ。
なんと,その場で決まったのだ。
彼の話をもう一度聞こうと。

一応,オファーをかけている。
詳しくはまた後日報告。でも多くの人,多くの種類の人に,多くの若者に,多くのこの土地を愛する人に,彼の話を聞いてもらいたい。



以前の記事
エージェントプログラムと竹本さん
佐世保の馬鹿?(怒られるよな。)
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-19 01:08 |

小さな写真集

ランキングクリックしてください。

今日もあさから現場に行っていた。
土砂降りの中、できることだけやって後日ということになり、11時から店舗に帰った。びしょ濡れとなった体は冷え切った。これでまたコンビニ弁当ならさらに体冷えそうだな、とおもい、バイト君と途中早いながらも定食屋へ。
帰りは、スキー帰りのようにほっぺが赤く、ぽかぽか、寝てしまいそうだった。

かえると、「きてますよ!」
パートのOK田さんが、写真集が届いているという。写真集といってもオリジナルのものである。大きさは小さいが、撮った本人の本人だけの写真集である。

実は、UU-NETのクラスの「オリジナル写真集をつくろう!」というクラスの写真集だ。
ぼくも生徒さんと一緒に作ったのだ。(僕はちなみに先生)
実はOK田さんも自ら参加したいと僕のところにきたのだ。5回ほどでなんとかテーマと通しての色遣いや、自由のおもしろさを勉強していった。

参考までに僕の写真集の一部をご覧ください。
(ほしい人は譲りますよ。メールください。一ヶ月後ですが、いるかなそんな人?)

e0011934_1947106.jpg

e0011934_19473747.jpg

e0011934_19475846.jpg

e0011934_19481144.jpg

e0011934_19482455.jpg

e0011934_19485910.jpg


「朝の消失点」
たいした意味はないけど、どの写真も皆さんが動き出し始める朝に散歩しながら撮ったもの。
通勤に歩く人は絶対目をとめない空間のおもしろさ。そこの色って朝色なんですね。
その先はまた想像の世界が広がるような不思議な点をまとめてみました。


次回は年明けから講座が始まる。
参加したい人は僕か、TMO原田のところに、ご連絡を!
OK田さん曰く(うちのバイト君に)
「あんた絶対うけんさい!写真下手すぎ!仕事につかえんよ!」

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-07 19:53 |

Crash!

ランキングクリックしてください。

12月26日にクリスマスパーティーをすることになった。
「一日遅れのクリスマスパーティー」
中央地区の商店街の店主向けのパーティーだが,皆さん(だれかれ問わず)参加できるよ。場所は,夏の夜市と一緒の「きらら公園」。
詳細は,またおって。

今日は,なにより,クリスマスつながりで,ビデオを紹介したい。というか,絶対みてほしい。クリスマス映画といえると思うけど,本当に最近のアメリカ映画で一番のヒットだった。

「Crash」

これを見たから幸せな感じになる映画ではないが,クリスマスを感じることができる。
本当に生きることに直面した人間に肌の色は関係ない。いろんなクリスマスがみんなやってくるよって映画だ。
具体的には,カメラワークが非常にいい。
さらに,オムニバスをうまく結びつけた様子が世界の多様性を表現する。本当は仏教感ぽいところもあるってのがおもしろい。
でも至る所にクリスマスリースがでてくる。
そして最後に雪が降る。
どこにもFatherChristmas!やMerryChristmasって言葉は出てこないけど,クリスマス映画ができてるおもしろさは皮肉とリスペクトと想像がもらたすかっこよさだと思う。

決して,楽しい娯楽映画ではないので万人向けではないが,クリスマスを迎える前に必見の映画(ビデオ)だ。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-12-03 22:48 |

お腹いっぱい!

昨日書いたアクティブベース呉の目録授与式に今日行ってきた。

一体なんのこと?というひとに。
呉信用金庫の中にNPO法人「アクティブベース呉」がある。
今年できたNPOでいまから呉を元気にしてくれる企業で新規事業を立ちあげたり、創業する企業を助成金という形で応援するものである。

今回はuu-netの事業が審査にかろうじて引っ掛かった。なににせよ本当に嬉しかった。
「uu-net合同会社 代表 梶岡のぶおさん」

僕一人であった。満遍の笑で目録をもらった人は僕以外に居なかった。
単純な僕はそう言うときにげんきんに表情に現れる。
回りはとても偉そうな方々でいっぱいである。
そうそうエスカリエのオーナーもいた。
内容の発表があったほかの事業はいろんなものがあった。
工業的な素晴らしい技術、高齢者相手の素晴らしい出張サービスなどいろんなものがある。自分のすむ世界が一緒でも(違うという人も居るけど)こんなに違うことがいい刺激になる。

それにそこにいるひと達は見るからに元気がある。こちらがエネルギーを頂ける〜って感じである。

で、エネルギーいっぱいもらったので御飯は要らないはず。

Be on a Diet!

でもこれはケイキヤで書いてたりする。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-11-24 22:42 |

復刻メニュー

ランキングクリックしてください。

 先日、実業三津田会の方で噂の「松風楼エスカリエ青山」に海軍さんの復刻メニューを頂に行った。
 総勢39名のたのしい食事会となった。
 復刻メニューのレシピの一部が載っている昔のレシピノートの一部と、昭和14年の呉市中央部の地図を用意した。

 ちょうど総会で、次年度代表幹事承認という議題もあったことから、現代表と次年度代表に自衛官の制服を着てもらい、大和のミニチュアをエール交換とともに渡していただいた。

エスカリエは、国立病院の横に張り出した形でたっている。

「梶岡、あんまりまえにいくな。傾いて壊れるぞ!」

こんな声は無視して、ちょっとエスカリエの紹介を!

ここのジェネラルマネージャーとシェフは以前弊社でお付き合いのあったところの方である。二人とも、本当にやる気があり、今回は自分たちの手で一からウエディングレストランの立ち上げに参加し成功させたい!という意気込みで参加したらしい。

二人とも、本当にいい素質のある人間だと思う。(僕がいえる立場ではないが)
是非、ジェネラルマネージャーの奥村とシェフの船本を見守ってほしい。(お願いします。)
GMは最高のサービスを、またシェフは最高の料理を二人なりの独自性を持たせながらがんばってくれると思う。
ここによることがあれば、無理矢理GM奥村を呼び出して、いろいろ聞いてほしい。料理のこと、おもてなしのこと、宴会の企画についても。
梶岡のブログをみたといえば、通じると思う。
(なにが?)

一度、お茶でものみによってください。


e0011934_10484536.jpg

交換された大和です。
e0011934_10485780.jpg

半野外の挙式会場
e0011934_1049915.jpg

模擬挙式
e0011934_10493164.jpg


e0011934_10494627.jpg

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-11-11 10:51 |