竹本慶三氏講演会、本当にありがとうございました。

ランキングクリックしてください。

多くの人のご参加ありがとうございます。 
本通商店街青年会主催の
講演会「街を楽しくするネットワーク」
無事、終了しました。自腹を切って参加していただいた市民の方、関係各位、心から感謝いたします。

「自分から1000円はらってここまで多くの人が聞きに来てもらえるのは、なかなか無いよ、梶ちゃん。」

竹本さんは、講演会前日、先日の講演者、加藤さんと九州の某所で無料のパネルディスカッションに参加していたそうだ。そこでは、70名の参加者だったそうだ。

その場でも、加藤さんと竹本さんの話題は、呉とH田女史の話になっていたらしい。

「呉は惜しい人材を失うよね。せっかく盛り上がってきてるのに....」
「H田ならどこでもやれるよ。俺らも世話するし..」

そんな会話が出てたそうだ。
このブログを読んでる人は、とっくに(呉弁で「とおに」)ご存じだろう。タウンマネージャーが二年の任期切れを迎える。
継続は無いそうだ。新しいタウンマネージャーを捜しているらしい。
なぜ現場を知らずに、ことが起きるのであろうか?不思議でたまらない。
なぜ、対峙する先の環境をしろうとしないのであろうか?
自分中心で悪いという人間はいない。でもそれを言っちゃーおしまいである。
多くの人の力が必要ならば、多くの人の言い分を聞くのが先である。

 翌日のワークショップ(竹本氏を囲み、一年以内にできる市民と商店街の若者が参加したもの)で一年以内に市民と商店街との共催型イベントを開く話をした。
 ここでも商店街の人間から、
「リーダーは市民の方から....」
尻込みしている。
 そんな商店街だが、確実に、着実に変化しているように思える。
ワークショップの始まりにこんなことを商店街が考えていると言うことの提示があった。

「商店街という空間をもっと楽しくしたい。もっともっと多くの方に楽しく使ってもらいたい。」

すばらしい発展だと思う。今後はこの命題に向かって、共催、後援型のイベントを増やし、主催型のイベントの充実にってていしたいと皆さんが言っていた。

まず第一歩として、自分も関われたことに誇りをもつ。本当に商店街の皆さん、参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

近々、ワークショップからでた、もろ佐世保のパクリですが、「商店街で花見」の企画があると思います。皆様に署名をもらいに行くことがあると思いますが、ご協力ください。
e0011934_9423916.jpg

竹本さんとP堂のY本くん(二次会のシロクマでの写真です。)
e0011934_9425030.jpg

カウンターの中まで入って竹本さんの話に皆さん聞き入ってます。
e0011934_943060.jpg


e0011934_9432430.jpg

ワークショップの風景:ファシリテータのH田女史
e0011934_9433746.jpg

多くの団体と市民、学生さんの参加がありました。
e0011934_9443744.jpg

がんばれ!
e0011934_9445142.jpg

さすが、元気なO江ママ!
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2007-03-05 09:49 |
<< 読んでない本の紹介 講演会 >>