発光

ランキングクリックしてください。

 newsweekなんて、トレンドから外れた雑誌を読む人はめっきり少なくなっているだろうな。
僕は、年間購読しながら、「今週も忙しくてまだビニ本状態だな。」という状況だ。
 さて、その中に好きなコラム「TokyoEye」がある。東京に住む外国人が東京を書くという物だ。
東京に限らず最近は本当にイルミネーションが大流行中だ。
 LEDの省電力化とアジア諸国(日本以外)の大量生産により、多くの飾りを低価格で手に入れることができるようになったが理由だろう。
 呉の辰川や惣付をあるくと、古い日本家屋が多い。そこに使われている土塀と木製の板垣は重く乗る瓦の重厚さととても似合う渋い塗料が塗られている。
 もちろんその横には、新しいXXホームがつくりましたといわんばかりの建物と外構もみることができる。
XXXホームの飾り付けられた青色のLED装飾は、なんとも日本的な色合いに変えるのである。派手すぎず、けばけばには見せない控えめな光量。
スタイルは違っても光の選び方はかわいい日本人なのだ。
仕事柄、海外の家のデザイン本を見ることが多い。最近の家造りはどんどんそのスタイルに近くなっている。でもすんでいる人間の選ぶ物は、やっぱり日本風?日本の曖昧さ、が出ている物が多いようだ。

さてNewsweekのコラムでは、この東京のイルミネーションをネオンと呼ばれる時代から大きく変わり、家族や同僚といっしょにリラックスする時間を楽しみ、つんで囲んだ生け垣や板垣を取り払うようなゆったりとした気分にさせる物とくくっている。

ところで蛍の発光システムをガン細胞をもつラットにDNA操作で移植すると、うっすらガン細胞が光るらしい。それによりガン細胞の転移や内科的治療の経過がわかるという物だ。
今この研究の最先端を行っているのが北海道大学大学院というところだ。
先ほどの青色LEDの開発も日本人だ。
どうも柔らかい光は日本人の得意分野らしい。
(落ちになってる?)

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2007-01-31 21:07 | つれづれ
<< 継続可能な危機 「街を楽しくするネットワーク」 >>