よっしゃこい

ランキングクリックしてください。

 昨日、Tさんとボランティアをした呉の中央公園のまつり会場でブログの話になった。
ブログランキングの「地域情報(中国)ランキング」の上位の1/3ぐらいは知り合いじゃない?ってことで盛り上がった。Tさんもブログをやっていて、「くれんちコンペ」を開いている。建築屋さんは「設計屋」と「施工屋」とぐらいかなっと一般の人は思っているだろうけど「構造計算屋」さんのことは知ってるかな?Tさんはこれの人なんです。「設計」ができあがりこの構造で建物は大丈夫だろうか(地震やその他の耐久性)?って計算する人たちのこと。で、この人たちは常日頃、設計屋さんと仕事してる人だから、多くの設計屋を知ってるわけ。でもふつうの人が設計屋を訪ねて、図面引いてくださいって、なかなかいえないよね。そこでTさんは「くれんちコンペ」をはじめたわけ。Tさんのところに依頼するといろんな設計屋がラフ案をだしてくれ、依頼人が好きな案を選び家を建てていくってものなんだ。「結構いろんなところでやってるよ。」っていわれたけど、おもしろーっと素直に思っちゃいましたよ。ついでに、外構工事もコンペさせてください!「でもほかにいっぱいライバル集めてきなよ。」ってひとこといわれた。じゃあ、枕話はこれくらいで。
 ボランティア協力をしたのは「呉よっしゃこい祭り」。O倉さんにてつだえることあるっていったら、撮影を頼むといわれて会場全体をとって歩いた。正直、今日はくたくた。e0011934_0214587.jpgでもいつもの休み明けより、ストレスが少ない。踊り子さんたちの元気をもらったのかな。筋肉痛はあっても、心労は全くない。最後のメイン会場はすごい盛り上がりだった。
 この祭りの実行委員会の会議に一度でたことがある。T村氏が「この祭りをとおして呉を好きになってほしい。」とその会議でいっていた。いろんなボランティアが参加している。呉大学の生徒、青年会議所、一般参加の人、役所の人、自衛官。e0011934_0244417.jpg安全に気持ちよく踊り子が楽しめ、観客が楽しめる会場作りにみんな精一杯がんばっていた。参加している踊り子、ボランティアのひと、みんながみんな、T村さんのいっていたことを知っているとは思えないし、それをスローガンにやっているとも思えない。e0011934_0245687.jpgただ、おもしろいこと、一緒に大勢で感動することは、何かをやり出そうというアイデアが生まれてくる土壌を育てる第一歩であると思う。あとはそれをしっかり指導し、褒め称える人がいるんだけどね。来年はT村さんの強い意志がみんなに伝わるといいですよね。

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-08-02 00:26 |
<< またまたまた同期会のはなし--... 息子の経営は? >>