Ni井君おめでとう。

ランキングクリックしてください。

後輩の結婚式

倉敷のアイビースクエアは、数ヶ月ぶりの訪問だ。
今回は、後輩の結婚式にM会の先輩たちと一緒に5人で参加した。
一緒に仕事のプロジェクトチームに参加してもらってることもあり久々の結婚式にちょっと張り切ってしまった。
いつも僕はデジカメを仕事に行こうと遊びにいこうといつも携帯しているが5年ぶりにフィルムカメラを引っ張りだしてきた。Canon EOS1。大学時代最後に買ったカメラだ。 
デジカメはどうとれたか確認できるが、フィルムは現像までどうとれているか、わからない。そこが面白いところだ。
一世一代の真剣勝負には、ものはいいようだが、フィルムで「一発勝負」!
そんなこといっても、久しぶりに使うカメラはなかなか手になじまない。

かえって翌日現像してみてみると、写真は失敗したものが多いが、幸せそうな二人が多く移っているせいか、こっちまで微笑んでしまう。
写真で結婚式を振り返ると、シンプルな単純な結婚式であったがそれぞれのテーブルが盛り上がっていたということが端的にわかる。とくに僕たちのいた主賓(おれらが主賓と一緒でいいのか?)の席は
なぜか、ウェータさんがO倉氏の問いかけに答えて形で持ってきた地酒で盛り上がっていた。どうも一番酒飲みが集まっていたらしい。主賓の税理士先生、ビジネスパートナーの井上社長、シロクママスター、Uすい代表、O倉先輩、めがね屋さん、地酒が進む、進む。披露宴終わりの40分程度で4本もあけていた。

「この子はいつも前を見て、肩で風を切っていきた子です。.......」
お母さんの言葉に、後輩の現状をより深く理解することができた。またかれの大学時代の友人のスピーチには僕たちの知らない彼の一面を聞かされて驚いていた。
「おい、あんなおんぼろミニカに乗ってるやつが、大学時代にはレースに出てったらしいぞ??」びっくりだ。きている友達(大学時代)のほとんどが車つながりなのだ。
いろんなことがあったのはわかるが、多くは、「それで?」というような想定内の事柄がおおい。これはちょっとびっくり。
これをきいたあとで周りを見回しちょっと不安に思った。後輩の未来は?こんな主賓に囲まれてて大丈夫?酒飲み人生だな?
「環境は大事だからな。」

一応一連の流れをDVDに作ってみた。本人の事務所に写真と一緒に送ったが本人がみるのは新婚旅行の後でその前にビジネスパートナーの井上さんはみてほくそ笑んでいると思う。

最後にタクシーの運転手さんに無理行って連れて行ってもらったラーメン屋は最高だった。倉敷に行くときはこれで、トンカツとラーメンは絶対食べなきゃ行けない。


e0011934_10493396.jpg

倉敷近辺でMUSTな店====
ラーメン 屋敷
トンカツ カッパ
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-04-14 10:54 | つれづれ
<< 広島のエルブジ くれえばん食日記5月号 >>