ポートワインは甘く、気持ちよかった。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!



  昨日、商店街がらみの会合に出た後、RくだやのYし田くんと初めて、さしで酒を飲んだ。
 遅い時間なので、開いてる店も少なく1時まで開いてる「赤玉商店」でゆっくり喫茶店感覚で飲んでいた。
 
 彼や僕の女性感や、いろんな話を2時間近く、酔っぱらいながらだべっていた。
 「いや、おもしろいですよ。こんな話が梶岡さんとできるなんて。」?なに?
「いつも仕事や企画の話しかしない人だと思ってましたよ。」?なに?
どうも彼は、僕のことをロボットだと思っていたらしい。
「そんなことないよ。人間だぞ。」
「じゃあ、人と話す話題の仕事とそのほかの割合ってどのくらいですか?」
「えーと。仕事8,その他2ぐらいかな?」
「でしょ。ぼくは仕事4プライベートな話題6ですよ。」

 彼の話はとてもおもしろかった。
至る所に笑いがちりばめてあり、絶対に相手を不快にさせない気を遣っている。(結構、よっぱらっているのに。)
「僕は、そんなにもうけなくていいんです。ただ目標は自分の愛してる人たちを幸せにさせることだけです。」
目の前のヨン様崩れの自称本通りの元祖イケメンがさらっとこんな事をはいたのだ。
 かっこいいな。素直に感心した。
いろんなプロジェクトや企画、セールスのなかに説得させる理屈というのはいつもついて回る。だが、これほど説得力がある台詞は久々に聞いた。その本人にしか出せない説得力なのであるが、ここまで人と言動が一致することも滅多にない。
 「身の丈にあった」と言う言葉があるが、大きい目標を持つ人、それなりの目標を持つ人、いろいろいる。だけど、生活の中で生まれる目標がその人の身の丈の目標のような気がした。
 壮大な物を考えても、その中に自分の接点が見いだせなければ、自分を動かすモチベーションもさがる。自分の抱える問題を解決することから小さな目標が生まれ、大きな希望に替わるような気がした。(プロジェクトと書きたいが、またロボットって言われるしね。)

 いや、おもしろい「だべり」だった。

そうそう忘れてた。
鶏気舎に新しいメニューが増えてたです。
みんな食べに行きましょう!
とくに「にゅうめん」、絶品でした!そうですよね。上中田先生?

ランキングクリックしてください。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2006-02-28 09:34 | つれづれ
<< ピザと発砲水 プレゼントはコンシェルジェに! >>