佐世保の馬鹿?(怒られるよな。)

ランキングクリックしてください。

佐世保の馬鹿?

「佐世保には三人の馬鹿がいる。」
佐世保市長の口癖らしい。馬鹿の内の一人、竹本慶三さん(四ヶ町商店街理事長)が僕たち(呉本通商店街青年会)に佐世保の商店街と街おこしについて話してくれた。

 一部を紹介したい。(昨日11月30日に青年会の会議で持ち寄ったレポートの一部)

----------------
商店街の役割は大きく分けて三つある。

1.社会的役割:である場所。社交場
2.文化的役割:情報発信
3.経済的役割:物販・サービス等

3.は自助努力で行うことであるが、街自身に活気を持たす顔となるところが商店街である。その時の商店街の役割は1.2.である。
それを徹底的に馬鹿でやり続ける。これが大事。
そのための力は、

自助努力→互助努力→公助支援

の順番でできあがっていかなければいけない。まず商店街の人間から、発案し、盛り上げることが大事。個人的利益を持ち込まず、まず「街おこし」を大義におしすすめ、多くの市民、ボランティアを巻き込んでいく事が大事。

目的は、人がまた来たい町にすること。あそこの街に行くと何かやってるんじゃない。おもしろい物があるんじゃない。という期待とそれに応えるサプライズが大事。

-------------------

佐世保はもっとも元気な商店街と称され多くの方々が見学に来ているらしい。また竹本さんや遠田さん(右腕:アイデア・資金集め)も日頃、全国での講演会で忙しいらしい。
そんな時間を割いて、一緒にはなし、飲み、意見を交換できたことを心から感謝したい。
さっそく、よい話をきいて刺激になり、来月から来春のイベントの方向性を話し合うことになった。


e0011934_2159235.jpg
土曜の午後二時の佐世保商店街。若者がデートの場所としてくるような場所になっている。

e0011934_21592661.jpg
「きららフェスタ」の会場。コンクリートの壁を電飾でいっぱいにして飾る。

e0011934_21595339.jpg
公演中の竹本さん。

e0011934_2201432.jpg
翌日の朝会を開いていただいたセントラルホテル社長 遠田さん。


PDF書類:僕の書いたレポート。誤字脱字多いけど参考までにアップしときます。
[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-12-01 22:08 |
<< 豆腐屋がおもしろそうだぞ! まいうー!!佐世保バーガー!! >>