ピッザと講演会

ランキングクリックしてください。

最近ランキング落ちてます!!!みなさん、
これ押してください!といいながら、最近投稿減ってます。すいません。がんばるぞ!



 読書の会でお世話になっているU中Tさん主催の経営セミナーに行きました。
 イベントの演出で有名な「長束利博」先生の講演であった。(ザベストテンや海島博、山口百恵の引退コンサート、など)
 イベントを企画する中で「入り口」と「出口」に自分が自信が持てれば、内容はすらすらと決まっていく、など簡単な言葉でずーんと心にくるお話だった。(そういえばO倉先輩も酔っぱらいながら、何度か言ってたような気がする。たぶん覚えてないだろうけどね。)
 講演の二部で名女房役を務めていただいた有限会社イプシロンの角田達也先生で懇親会でいろんな話ができた。角田先生は会計事務所専門のコンサルタント業を営んでらっしゃるらしい。
 そんな先生は、大の散策好きらしく、僕の名刺をみるなり、世田谷のわき水や、蛍、ニジマスの話を始められた。長束先生の講演で「演出のヒントはどこにでもある。至る所、気になる物はメモをする。」と言われていたように、角田先生は自転車の散策で見つけた出来事や不思議をかなり深いところまで自分なりの情報網で調べられていた。「そういった自然に関することが好きですから。」あっさりと言われたが、かなり深い情報量だ。はなしにあがったのは氷山一角のような印象を受けた。
 その中で、「おでぶ」なりに気になったのは、長束先生と一緒になる世田谷の寿司屋さんでまた一緒になる造園屋さんがいらっしゃるらしい。その方は八王子の公園整備ででる伐採ゴミをチップ化して再利用しているという話だ。チップ化はほとんどの自治体で義務化し、その先の利用方法は各担当団体が判断するのが慣例化している。
 その業者はチップ化された物を、燃料に香りのよい味のおいしいピザを焼く飲食店の経営しているらしい。ピザを焼くためにわざわざイタリアからレンガ竈をキットで輸入し本場のピッザを提供していると言うことだ。
 なかなかの繁盛ぶりだそうだ。
 広島県ではEアP-トビRジが運営するF○ガーデンで本格的なイタリア料理を食べさせていただける。またそれに隣接するSんRん公園では現在伐採ゴミの処分に困っている状態だ。来年の指定管理者による公園管理は、どなたが取られるのかわからないが、(ふふふっ!)同じようなパターンでいい提案ができるかも?っていうかもうだしたかも?さあだれがとるかな?

 いい情報は、いいネットワークといいフットワークで得られるのだなぁ、とつくづく感心した講演会であった。
 U中T先生とO倉先輩に感謝です!!

[PR]
by nobuokajiokaivy | 2005-10-27 11:25 | おしごと
<< つづきのハンバーグ iPodのおみくじ的考察、おみ... >>