大事なお知らせ!

ブログの引越をします。


「おでぶなにっき3」

ちょっと使いづらいこともあり....そちらに、続きを書きます。またあとで。
[PR]
# by nobuokajiokaivy | 2007-05-28 11:48 |

秋田の変わりどころ

ランキングクリックしてください。

秋田でおもしろい物やことをいくつか見つけた。

まず、秋田美人。
ちょうど通勤ラッシュ時に電車の乗った。女性の肌が本当に白い。むしろピンクっぽい。その上、背がみんな高い。僕より背の高い女性を多く見た。僕の身長は175センチだが、180以上の女性が多かった。でもそれが、美人につながるかと言えば.....
つづけて、でも、目は止まりますよ。白い肌に。

e0011934_23324412.jpg


次にこのTV画面。
そういえば、広島でもあったような、なかったような。僕が小学校時代に27,8年前に夕方の「トムとジェリー」とニュースの間に流れていたような気もするんだけど...
地元の方に聞くと、このシーズンは必ず流れてるよ。風物誌だよね。なんて言われてた。
なかなかいいな。僕は画面をとほっとした気分でぼーと見た。

e0011934_2333122.jpg



秋田のダントツ1位は....
こんな事、書いていいか分からないけど、TVの話や地元の人の話を聞くと
「自殺者数」「ガンで死亡」の全国トップであるらしい。
NHK秋田では、このドキュメンタリーを一生懸命放送していた。僕の秋田の人にふれた感想はちょっと話していくと、とても明るい人たちだなと思った。でもしょっぱいのは体に悪いなとも思ったけど、おいしかった。
むずかしい?。

ちょっと僕の専門の話。
青森、秋田を移動する中で、沢に多くの植物が自生している。
「コタニワタリ」
「クサソテツ」
「サラシナショウマ」
「フタリシズカ」
えー、こっちたあ、かねはらってかってるよ。おい。(江戸っ子調!)
という本当に目の前に自然の庭が広がっていた。秋田で拝見した庭園も庭園の境界を越えたところの杉林を借景にしたり、本当にすばらしい自然に恵まれていた。広島より40日程度遅れて、新芽や花を咲かせていた植物たちだが、雪、極寒、をすごし芽を新たに出すというのは、西日本のそれとは大きく違った。みどりの活力の配分が違うように思えた。

など、偏見大混じりの秋田の変わりどころをかいてみた。

e0011934_23331675.jpg


[PR]
# by nobuokajiokaivy | 2007-05-25 23:35 | つれづれ

濃い味=おいしい。

青森を6時に出発して、特急ゆりかもめ にのり秋田の八郎潟を目指す。たまたまネットで引っかかった温泉にそこからバスで向かうのだ。
温泉名は「なめたら温泉」?そんな温泉あんの?っていうくらいびっくりの名前だ。なんかいやらしい。(僕だけ、こんなこと思うのは?)漢字で書くと「滑多羅温泉」。
森林組合が営業している温泉設備らしい。11時についた僕は、

「食堂で昼飯食べれます?」
「大丈夫ですよ。」

メニューは、普通の食堂だ。焼肉定食、親子どんぶり、他人どんぶり、カツカレー.....

「おすすめは?」
「これといってね。」
「だまこ鍋って?」
「名物、名物!」(おーい)

きりたんぽは、米をつぶし、くしに固めて焼いたものをつかうが、それの家庭版で焼かずに団子状にして味噌としょうゆと鳥の肝の出しで、せりや白菜、まいたけ、地元の野菜や山菜を入れて食べるものらしい。(秋田のむつみ造園、佐々木専務さんに解説してもらった。)

東北は味が濃い、とよく聞くが濃い理由がよくわかった。醤油がおいしくて、味噌がおいしいのだ。さらに「だまこ鍋」がおいしい理由も、同じの上、お米もおいしいのだ。

「焼肉定食一丁」

林業の昼休みにおじさんがやってきて、昼食を頼んでいる。

なんとものどかなところだ。12畳以上ある部屋には、大きな火鉢があり、大きくとられた開口部は、瀬戸内と比べ一ヶ月以上遅れてシイ、樫、ミズナラの新緑が心地いい風に揺れている。
 外に出て山を散策するのにいいコースがないか聞いてみた。あるけど、熊で出会う確率が今は高いといわれた。

そのまま部屋で本を読みながら昼寝をしてしまった。

「コンコン、夕食の準備ができたよ。」

うわー、また飯だ。

明日は朝から秋田市内にある造園会社を訪問する予定だ。


e0011934_8305769.jpg


青森駅では、こんな早い時間から駅弁を売っている。

e0011934_8315730.jpg


e0011934_8323837.jpg


「だまこ鍋」、実は次の日の朝に食べるのが最高らしい。しみこんだ濃い味がいいんだろうね。
[PR]
# by nobuokajiokaivy | 2007-05-23 22:00 | つれづれ